最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
電子スロットル の怖さを知らない人達

前回の記事でも少し触れましたが・・・

 

池袋 プリウス暴走 事故のニュース記事のコメント欄にあふれるコメントを見て、近代のクルマに関して、無知な人が非常に多いことがわかって、少々驚きました。

 

 

前の記事でも書いた通り、電子スロットルという機構は、必ずしもドライバーの運転操作とイコールではありません。

 

 

 

例えアクセルを踏んでいなくても、

 

クルマが急発進したり、急加速してしまうような不具合

 

現実に起きています。

 

 

過去に、ホンダ車がプログラムの不具合による、暴走事故も実際に起こしていました。

 

ホンダが急発進などの不具合で17万台超のリコール

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030457.html

ホンダは、ハイブリッド車「フィット」などの最新モデルで車が勝手に急発進するなどの不具合があったとして、17万台以上のリコールを発表しました。

リコールの対象となるのは、ホンダが去年9月に最新モデルとして販売したハイブリッド車「フィット」と12月に販売した「ヴェゼル」の合わせて約17万5000台です。

 

国土交通省によりますと、エンジンを制御するプログラムに 設計ミス があり、突然、速度が上がったり、急発進する不具合が生じるということです。

 

これまでに、急発進した車が鉄柱に衝突するなどの事故が11件報告されています。

新型フィットがリコールの対象となるのは今回が4度目で、いずれもプログラムの 設計ミス によるものです。

 

 

運よく、人身事故は起きずに済んでいるようですが、

 

仮に池袋 暴走プリウスと同じ状況(多数の歩行者がいる横断歩道手前で)でその不具合が起きていたら?

 

 

これではいくら「アクセルを踏んでいない!」と言っても・・・

 

 

「どうせアクセルを踏んでたんだろ!」ということに

 

 

されてしまいますね。

 

 

国土交通省の不具合報告ページを閲覧すると、運転者の意図や操作に反して、急発進や急加速した不具合が結構報告されています。

 

国土交通省の不具合報告ページ

http://carinf.mlit.go.jp/jidosha/carinf/opn/index.html

 

 

 

 

 

正面衝突した車から下車、 急発進した自身の車にひかれ男性が死亡

 

https://www.sankei.com/affairs/news/180929/afr1809290012-n1.html

 

2018年9月29日午前8時5分ごろ、千葉県印西市大塚の県道交差点で同県我孫子市都部の坂下顕優(けんゆう)さん(28)の運転する乗用車と60代くらいの女性が運転する軽乗用車が正面衝突した。

県警印西署によると、坂下さんが運転する乗用車は衝突後に前方から歩道に乗り上げ停車した。

 

車から坂下さんが下車すると、無人の車が何らかの原因で後方に急発進し、坂下さんは自身の車に轢かれ、車は後ろにいたトラックに衝突し、再び停車したという。

 

坂下さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。女性は軽傷。トラックを運転していた男性にけがはないという。

 

 

 

電子制御というものは、100%信頼することは出来ないもの

 

 

 

ということを認識しておくことが大事です。

 

 

 

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧型 アルトワークス 中古車 を見る

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.