最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
メーカー純正エンジンで1,000馬力に

日本車の国産スポーツカーにも、このようなキットがマーケットに登場すれば、いろいろと楽しめそうだね。

 

日本では車検制度があるため、現実には難しいか??と言えば実はそうでもない。

 

【SEMA2018】メーカー純正エンジンで1,000馬力に MOPARが「ヘレファント」エンジンと載せ替え用キットを発売

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00010002-autoblogj-ind

 

こんなことを言うのは衝撃的だが、あのパワフルなダッジ「チャレンジャー SRT デーモン」も今となっては非力に感じてしまうほどだ。FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のパーツ&サービス部門であるMOPARから、「ヘレファント(Hellephant)」と呼ばれる

クレート・エンジン(主に載せ替え用として単体で販売されるエンジン)が発表された。

 

“Hellephant“の名称は、かつてのクライスラー系マッスルカーに搭載されていた426(7.0リッター)V8「ヘミ」エンジンのニックネームである「エレファント・エンジン(elephant engine)」と、現在のダッジ「チャレンジャー」や「チャージャー」の高性能モデル「ヘルキャット(Hellcat)」を組み合わせたものだ。その最高出力はなんと1,000hp、最大トルクは1,288Nmを発揮するという。スーパーチャージャーを備えるこのモンスター・エンジンは、現行の第3世代にあたる426 ヘミV8エンジンの頂点に位置する。恐ろしいことに、メーカーが提供する純正品のエンジンで1,000馬力の大台が可能な時代になったのだ。

 

この強大なパワーを引き出すため、ヘミV8エンジンはあらゆる面において改良が施された。オールアルミ製のエンジン・ブロックは、2018年にNHRA(全米ホットロッド協会)の「ファクトリー・ストック・ショーダウン」クラスを席巻したドラッグ・レース用マシン「チャレンジャー・ドラッグ・パック」のエンジンを公道用に適応させた物で、鉄製の場合と比べ約45kgほど軽量化できたという。ボアとストロークは拡大され、特製の鍛造ピストンとハイリフト・カムシャフトが組み込まれている。バルブ周りはチャレンジャー SRT デーモンから流用された。スーパーチャージャーの容量は、ヘルキャットの2.4リッター、デーモンの2.7リッターに対し、3リッターまで大型化され、ブースト圧は15psiに高められた。最高許容回転数は7,000rpmのままだ。

 

 

これほどのモンスター・エンジンでありながら、驚くことに扱いはそれほど難しくない。というのも、MOPARはエンジンを換装するために必要な専用のパワー・コントロール・モジュール(PCM)や燃料ポンプ・コントロール・モジュール、ワイヤー・ハーネス類、センサー類などをキットとして提供しているからだ。

これを使えばエンジンを搭載・稼働させることができる。燃料はオクタン価93のガソリンを使用可能。デーモンのエンジンが“たったの“840hpでありながら、オクタン価100以上のレース用ガソリンが必要だったことを考えれば、実に驚くべきことだ。しかし同時に、このヘレファント・エンジンにレース用ガソリンを使ったら、一体どれほどのパフォーマンスを発揮するのだろうと考えずにいられない。MOPARによれば、ヘレファントにはさらなるパワーアップの余地があるという。

ヘレファント・クレート・エンジンの価格はまだ発表されていないが、ヘルキャットのクレート・エンジンがMOPARから直接購入した場合で1万9,350ドル(約219万円)であることを考えると、さらに高額になることは間違いない。その他にPCMやハーネスを含むキットの価格が、ヘルキャット用キットの値段から推測すると2,000ドル(約22万6,000円)以上になるだろう。ヘレファント・エンジンとキットは2019年の第一四半期に発売される予定だ。

 

 

同メーカーのエンジンであれば意外と結構、昔からエンジン換装の事例は、国内、日本車でも実は多かったりする。

 

身近な例で挙げれば・・・

 

 

マツダの場合:ロータリーの12Aから13B

 

日産の場合:古くはL型を初め、CA18EからCA18DET等のCA系やSR系エンジン

 

トヨタなら:1JZから2JZなどなど、

 

 

上記は同系列のエンジンなので事例はかなり多いが、同メーカーの異系列エンジンもある。

 

 

実際には、車検制度が今現在よりもずっと厳しかった、ウン10年前よりも!

 

むしろ今現在の方がやりやすくなっているんでは??ないでしょうか?

 

 

 

>クレート・エンジン(主に載せ替え用として単体で販売されるエンジン)

 

この手を使えば・・・

 

サーキットでFF車に勝てない、FF車以下の性能しかない、世界的に非常に珍しいミッドシップのS660も!

エンジンをとっ換えれば!

超 素晴らしいスポーツカーに大変身出来ますね!

 

ホンダエンジンの中でも660ccでは、最高の名機として知られている E07A Mtrec

E07A MTREC エンジン

 

E07A 中古エンジンは、オークションで5万円くらい〜ゴロゴロあります。

https://auctions.yahoo.co.jp/search/search?auccat=26318&tab_ex=commerce&ei=utf-8&aq=-1&oq=&sc_i=&exflg=1&p=E07A+%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3&x=22&y=24&fixed=0

 

 

S07Aエンジンなんて、金かけてチューニングしても壊れるだけで、時間と金のムダにしかなりません。

 

おまけにハイトワゴン専用設計のため、ムダに縦長で重心も高過ぎる。

スポーツカーに搭載を考慮して低重心にまでこだわった、E07Aとは比較にもならない低レベルなエンジンです。

 

仮にエンジンに100万かけるとしたら、E07Aの方がはるかにいいものが出来るのは確実ですよね。

 

E07Aエンジンなら、NAのままでもS07Aターボなんて簡単に超えちゃいますし、ターボにしたらホンモノのスーパーカーとも戦えます。

そこまで究極を求めないにしても100ps程度ならかなり余裕をもって楽しめる。

S07Aターボみたいに、たったの100ps程度ですぐ壊れることがないのが最大のメリットでしょう。

 

NAでも!

ターボでも!

どっちでも凄いエンジンになりますからね。

E07Aターボ搭載 ホンダ トゥディ 250ps

 

 

どうです?

44Gのヨシタクさん。

 

S07A → E07Aエンジンコンバートキットを開発してみてはいかがですか?

 

S660 200馬力への最短手段ですよ〜♪

 

 

 

S660 中古車を見る

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.