最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
軽自動車の安全性は現在も最低レベル

発売以来、大絶賛されている新型スズキ ジムニーだが、その一方で・・・

スズキ・ジムニー欧州仕様 ユーロNCAPで3つ星 2018年基準の最低評価

https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180920-10343955-carview/

 

 

新型スズキ・ジムニーユーロNCAP 2018において、5つ星中3つ星にとどまった。2018年基準でテストされたモデルの中で最低の数値だ。

ジムニーが獲得したスコアは、成人搭乗員で73%、児童では84%、歩行者保護は52%、そして運転支援機能については50%であった。これは3つ星評価に該当するものだ。前面オフセット衝突では成人搭乗員の胴体保護が、フロントフルセット衝突では後席乗員の頭部保護が脆弱だとの評価を受けている。

ユーロNCAPの審査員は前者について、「エアバッグの圧力不足により、頭部がステアリングに衝突する可能性がある」と説明している。

 

標準装備されるAEB(衝突被害軽減ブレーキ)は正常に機能しているものの、頭部保護の不足によりむち打ちへの対策が不十分との判定を受けた。

前面オフセット衝突テストにおいては、ドライバーの頸部保護を除く全ての項目において、「十分以下」との判定を受けている。

 

 

A6やトゥアレグは最高評価

一方、ユーロNCAPにおいてアウディA6とフォルクスワーゲン・トゥアレグは5つ星を獲得した。両車はAEBが自転車を検出する機能を備えるなど、歩行者保護性能が高く評価されている。

また、最近テストを受けたフォード・トルネオ・コネクトは4つ星を獲得した。このモデルにはAEBとレーンキープアシストが標準装備されている。

ユーロNCAPのミシェル・ヴァン・ラティンゲン事務局長は、「この最新結果はユーロNCAPのテスト体制の進化と、その難易度の高さを示しています。5つ星の獲得は困難ですが、決して不可能なものではありません」

「各メーカーがAEBを自転車にも対応させるなど、交通弱者の保護に務める姿勢は大いに評価できるものです。ユーロNCAPではすでにこのような機能を備えた6車種をテストしています。これらの運転支援システムは将来的な自動運転技術にも役立つでしょう」

現在のところ、スズキのスポークスマンから本件に関するコメントは得られていない。

 

 

軽自動車は、安全性が低い。

 

 

これは、スズキ ジムニーに限ったことではなく、全ての軽自動車に共通していることです。

 

 

 

最近の軽自動車は安全!などと勘違いしている おバカちゃん も多いですが、軽自動車は、

 

昔は言うまでも無く、

そして今現在」も安全性が低い のは、まったく変わってはいない。

 

衝突テストの成績が良いから安全! などと言うのは、小学生、幼稚園児レベルの発想。

 

事故はテストと同じ条件では起きない。

自車にとって都合のいいサイズや重さの車種がぶつかってくれることなんて無いからね。

 

 

 

乗っていたのが軽自動車じゃなければ、死なずに済んだ被害者が非常に多いのをみればわかるでしょう。

また、特に軽自動車の場合、理不尽な貰い事故で命を落とす例が多いのも、安全性が低いから必然的にそうなります。

 

コンパクトカーまで軽傷、軽自動車だけはペチャンコに潰れて死亡。

 

 

 

相手側が自車にとって都合のいいサイズや重さの車種がぶつかってくれることなんて無いのですから、

 

むしろ、

 

軽自動車には安全性など無い!というくらいの 心構え で運転する

 

のがちょうど良いと思います。

 

 

 

メルセデス ベンツ中古車 50万円〜

 

 

アウディ中古車 50万円〜

 

 

BMW 中古車 50万円〜

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.