最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
年々増えていく 日本車の不具合 と欠陥率

 

 

 

スバル12万台リコール=駐車ブレーキに不具合

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000072-jij-soci

SUBARU(スバル)は13日、駐車ブレーキの部品に強度不足があり、破損して不具合が発生する恐れがあるとして、普通乗用車「レガシィ」12万6230台(2009年4月〜14年9月製造)をリコール(回収・無償修理)すると国土交通省に届け出た。

国交省によると、駐車ブレーキの内部部品が製造時の不適切な管理などによって強度不足となっており、部品が破損するとブレーキがかけられなくなったり、かかったまま解除できなくなったりする可能性がある。低速走行中に突然、瞬間的にブレーキがかかることもあるといい、これまでに報告された不具合は243件。海外での対象車の販売は約113万台に上るという。 

 

 

 

トヨタ、全世界で約103万台の「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」をリコール 最悪の場合は火災の恐れも

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00091605-autoblogj-ind

トヨタは、ハイブリッド車のエンジン・ルームでワイヤハーネス(電気配線)に問題が見つかり、車両火災の危険性を取り除く必要があるとして、世界で100万台以上をリコール(回収、無償修理)すると発表した。このリコールの対象となるのは、日本国内で55万3,870台、米国内ではおよそ19万2,000台になる。


問題の電気配線は、ハイブリッド車のパワー・コントロール・ユニットのコネクタ部分で、保護カバーのない箇所で周辺部品と干渉しているものがあり、走行時の振動によって接触した配線の被膜がすり切れて損傷する恐れがあるという。そして、やがてはショートしたり、最悪の場合は火災に至る可能性もあるとのことだ。2015年6月から2018年5月までに日本で生産された車両が、問題を解消するためにリコールされる。トヨタ広報がロイター通信に語った所によれば、日本で1件、ショートによりハーネス部分から煙が出たという。

今回、リコールの対象となるのは、「プリウス」「プリウスPHV」「C-HR」の一部車両で、対象車の合計台数は全世界で約103万台に及ぶという。そのおよそ半分が日本で売られた物だ。以前にも、トヨタは燃料タンクに問題の可能性があるとして、それを直すためプリウスをリコールしている。また、エアバックに関する問題でもプリウスのリコールを行った。

トヨタでは、リコールした全車両の配線を点検し、被覆に損傷がない場合は「保護材を追加」、被覆に損傷がある場合は「保護材を追加した新品と交換」するとしている。オーナーにはダイレクトメールなどで報せが届く。改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にステッカーが貼付される。

 

 

 

スズキ12万台リコール ブレーキ装置不具合

http://www.sankei.com/affairs/news/180118/afr1801180046-n1.html

スズキは18日、ブレーキ装置に不具合があるとして「アルト」など7車種計12万6171台(平成20年1月〜22年11月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

 

他の対象車種は「アルトラパン」「ワゴンR」「パレット」、日産自動車ブランドで生産した「ルークス」、マツダブランドで生産した「キャロル」「AZ−ワゴン」。

 国交省によると、後輪ブレーキ装置内の速度センサーの材質に問題があり、ショートしてアンチロックブレーキシステム(ABS)が機能しなくなったり、速度計が作動しなくなったりする恐れがあるという。

 

 

近年、自動車産業以外の色んな分野、素材ーマテリアル産業とかでも品質や強度等の不正があったりして、過去?は優秀だった日本のモノ作りの技術がかなり落ちてきているように思える。

 

 

メイド・イン・ジャパンーMade in Japan

 

 

 

今や「メイドインジャパン」には、かつての威光はない。

一部の分野では、欠陥品大国である中国にさえ追いつかれてしまっている。

 

故障が少ない・・・

がウリだったはずの日本車でしたが、近年それがゆらいで来てしまっていますね。

 

 

私の場合、定期点検とオイル交換以外、ディーラーに行くことはまったく無いのですが・・・

 

他のメーカーによっては、年がら年中不具合の修正 のために 何度もディーラーに行く というバカらしいメーカーもあるようです。

 

 

また、オール日本製で造っていれば高品質を保つことが出来たのに、コストダウンのため、純正部品に中国製部品を混ぜてしまったために、それ以前よりも大幅に不具合が増え、欠陥率が70パーセント以上にもなってしまったのがホンダ車。

これは非常に残念。

 

 

ブレーキが効かなくなる不具合のあるクルマが20万台もある!なんて、前代未聞ですね(;^_^A

 

 

ホンダ、ステップワゴン・フリードなど21万台をリコール ブレーキ不具合で

https://www.zaikei.co.jp/article/20180601/444992.html

本田技研工業(ホンダ)が約21万台のリコールを国土交通省に届け出た。対象車種はいずれもミニバンで、「ステップワゴン」「FREED」「FREED+」の3車種。制動装置(ブレーキマスターシリンダー)に問題があり、制動距離が長くなる恐れがあるという。6月1日より、無料での部品交換が行われる。

 

リコール対象となるのは2015年4月1日〜2018年2月19日まで製造されたもの。正確な合計台数は20万9,060台。

問題の詳細を述べると、ブレーキマスターシリンダーの材質と形状が不適切であったため、カップが膨張して変形、シール性能が低下し、ブレーキ液が漏れる可能性があり、制動距離が長くなるという。ブレーキマスターシリンダーアッセンブリーを対策品と交換すれば問題は解消するが、国土交通省によると、先月までに全国で142件のトラブルが起きており、うち物損事故が2件発生しているという。なお、それぞれ柵や樹木に衝突するという内容の物損事故であり、怪我人は発生していない。

なお、該当車種の使用者にはダイレクトメールなどで通知が行われ、自動車分解整備事業者に対しては日整連発行の機関誌に詳細が掲載される。また、改善実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアストライカー付近にNo.4274のステッカーが貼られるとのことである。

該当車種の所有者におかれては、ホンダ販売店より案内があるとのことなので、早め最寄りの取り扱い販売店に予約のうえ、点検・無料修理を受けられたい。

 

 

以下は実際にブレーキ不具合に逢ったユーザー達のコメントです。

 


これ、うちの車がそうでした。
新車で買って1年少したったら、たまにブレーキが効かない時があり、めちゃくちゃ恐怖でした。
感覚としては、雪道運転でブレーキ踏んでも進んでるみたいな感覚です。
 

いつもブレーキが効かない訳ではないので、なかなかディーラーには信じて貰えず、2回異常無しで帰され、お客様センターみたいなところに電話したら、やっと対応して貰えました。

 

ブレーキは一番安全に関わるところだからと、訴えても訴えても異常無しで帰されたのは正直有り得ないと思いました。

 

 

あのー、このリコール対象車に乗っていて実際に被害にあった142件のうちの1人です。
ブレーキペダルを踏んだ時、いつも以上にペダルが奥まで軽く踏み込まれてしまいます。
簡単に言うとブレーキが効かず、すっぽ抜ける感じです。


記事では制動距離が長くなるとごまかしてます が、簡単にいうとブレーキが全く効かないのです。

 

1年以内で、6000kmも乗ってないし、新車に交換して欲しいくらいでした。
お客様相談室には、同じような被害者を増やさないようにすぐに連絡しました。

 

運転免許を取得して、20年以上車に乗っていますが、ブレーキが効かない車は初めてです。

ディーラーの整備のひとですら、こんな車見たことないと言っていました。
車の基本、走る、曲がる、止まるですが、その一部が欠落しているのはどうかと思います。
今度、車を買うときは違うメーカーにしようと思います

 

 

 

旧アルトワークス 中古車を見る

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.