最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
出火相次ぐBMW 韓国政府が対象車両の運転自粛呼びかけ

出火相次ぐBMW 韓国政府が対象車両の運転自粛呼びかけ

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180803-00000048-yonh-kr

 

ソウル聯合ニュース】韓国国土交通部は3日、走行中の車両が出火する事故が相次ぎ、リコール(無料の回収・修理)を実施しているBMWの対象車両の所有者に対し、運転自粛を勧告した。

同部の孫ビョン錫(ソン・ビョンソク)第1次官はこの日、会見を開き、金賢美(キム・ヒョンミ)長官名義でBMWの車両火災事故に関する政府の立場を発表した。

発表文で国土交通部は「近ごろのBMWの車両事故で国民を驚かせ、申し訳ない」とし、政府として事故原因を徹底的に調査すると表明した。また、該当する車両の所有者は早急に点検を受け、安全が確保できるまで運転を控えるよう呼びかけた。



 BMWは、現在リコール対象に指定された42車種、10万6000台について緊急安全診断を行っている。
 

BMWは、火災の原因とされる排ガス再循環装置(EGR)について、2016年11月以前に生産された同装置を装着した車両を対象に内視鏡点検を行い、火災の危険があるかどうかを判別している。

国土交通部は事故原因に関して「関連機関と民間の専門家を参加させて最大限早期に究明したい」とし、「一点の疑いもなく詳細に(原因を)明らかにし、迅速に発表する」と強調した。

この前日、同部が正確な火災原因の把握に10か月かかると見通したことについて、会見に同席した同部の金采奎(キム・チェギュ)自動車管理官は「調査期間を最大限前倒しする」と述べた。

このほか、国土交通部は調査過程で発見される問題について「法的手続きに従って厳正な措置を取る」とし、これまでに政府機関とBMWの対応過程が適切だったかも、あわせて点検すると伝えた。

国土交通部はBMWに対し「現状に警戒心を持ち、さらに責任ある姿勢で臨むことを要求する」とし、「国民の不便がないように代車を提供し、調査に必要な部品や技術資料を全て迅速に提供するよう願う」と述べた。

BMWは今年に入って約30件の車両火災が発生しても特段の措置を取らず、先月26日に国土交通部の要請を受けてようやくリコールを発表し、批判を浴びた。

また国土交通部に対しても、正確な事故原因の把握や準備などに時間がかかるとしてリコールなどの措置が遅れたことに非難が集まった。

高速道路を走行中に出火したBMWの車両=(聯合ニュース)[https://youtu.be/te1sEnu3vqc]

 

 

 

 

 

同じ部品を使っているのに…BMW炎上はなぜ韓国だけで頻発する?

 

https://www.recordchina.co.jp/b629966-s0-c20-d0127.html

 

2018年7月30日、韓国・SBSは、韓国内でBMW車の火災が頻発している理由について報じた。 

記事によると、韓国国土交通部はこのほど、「(車が輩出する窒素化合物を減らすための装置である)排気ガス再循環装置(EGRシステム)が火災の原因」と指摘したBMW側の分析結果を認めた。この装置の冷却機能が正常に作動せずに火災が発生したというのだ。なおBMW側は、来月中旬からリコール車両を対象にこの装置を交換すると発表している。 



また記事は「海外販売車両にも同様に装置が付いているが、なぜ韓国だけで火災が頻発するのか」と疑問を投げかけている。

 

「国内販売車に特定の会社の部品が使われたのではないか」と疑惑を深めるも、BMW側は「事実ではない」と一蹴「国内外を問わず全車に同じ種類の部品が使われていると明らかにしたという。ただし「韓国以外の国で車両火災の報告はない」と主張したとされる。 

BMWと国土交通部は「520dというグレードが韓国で特に多く売れたため、火災が数多く報告された」と説明しているとのこと。 

専門家など一部からは「設計上の欠陥」や「国内環境と燃費規制を合わせるための制御プログラムの問題」といった指摘も出ているそうだ。記事は最後に「事故原因に対する情報を握っているBMWが秘密主義を一貫しており、部品のリコール以降は果たして安全なのかという疑問も浮上している」と伝えている。 

これを受け、韓国のネット上では男性ユーザーを中心にさまざまなコメントが寄せられている。

 

「火が付いたように売れていたけど、最近じゃ毎日火災が発生してる」

 

と火災の頻度の多さがうかがえるものや、

 

「現職の整備士だけど、BMWの言葉はうそ。

国内(韓国内)で販売されているモデルのEGRバルブなどはみんな中国製で、他国はドイツ製だと聞いている」

 

「現代や起亜車の欧州用輸出車には床下サビ止め塗装がされているけど、国内にはない」

 

など韓国の車市場に警鐘を鳴らす声が上がった。 

また、韓国政府に対して「問題のある車種が韓国で販売される。なぜなら罰金を払えば政府が目をつぶってくれるから」「政府が自動車業界を制御できていない」などと非難するコメントも目立った。(翻訳・編集/松村)

 

 

 

 

日本国内ではほとんど事例が無いのですが??

 

 

国土交通省 BMW 不具合

 

 

 

 

一番面白かったのが、部品が実は 中国製 だ!

という意見(笑)

 

近年の日本車の不具合が増えた原因中国製部品です。

 

 

ネット上では、韓国の粗悪軽油?粗悪エンジンオイル?が原因では?(日本で同事例が無いので)言われてますが、果たして真相は?

 

 

 

 

私のは無関係だと思いますが(^^;)

 

 

旧アルトワークス 中古車を見る

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.