最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
自動ブレーキなんて不要!

今日のネットニュース記事。

 

自動ブレーキ十分に作動せず、昨年の事故72件

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00050148-yom-soci

 

車や人を検知して、事故を未然に防ぐ「衝突被害軽減ブレーキ」(自動ブレーキ)が十分に作動せずに事故に至ったとの報告が昨年1年間で72件、国土交通省に寄せられたことがわかった。

 

同省が自動ブレーキを巡る事故情報を集計したのは初めて。速度超過で作動が間に合わなかったケースなどがあり、同省は性能を過信しないよう注意を呼びかけている。

 

 自動ブレーキは、車載のカメラやレーダーが前方の障害物などを検知し、自動停止して被害を防ぐ。国内では2003年から自動ブレーキを実装した車両が市販され、その後急速に普及。16年に生産された乗用車には66%(約248万台)に搭載された。

 

 

国交省によると、昨年にドライバーやメーカーなどから報告のあった自動ブレーキのトラブル情報は計340件。

 

これらを独立行政法人・自動車技術総合機構の交通安全環境研究所が分析したところ、自動ブレーキが十分に作動しなかった例は88件あり、うち72件が接触や追突などの事故につながっていた。

歩行者がはねられて死亡した事故も1件報告された。

 

 

 

自動ブレーキ過信による事故が、昨年1年間で72件。

 

 

また、その逆の・・・

 

 

勝手に作動が249件も! あったそうです。

 

 

 

恐らく、上の数値は氷山の一角で実際の事故件数はもっと多いと思われますね。

 

 

 

前々から思っていたことですが、運転操作を自動化(機械に肩代わりさせる)すればするほど、人間自身の運転技術は退化していってしまいます。

 

 

人間の運転技術が退化するんです。

 

 

 

それが本当に安全装備と言えるのか??

 

 

自動ブレーキが付いてないと運転出来ないような人間は、そもそもクルマを運転する資格すら無いでしょう。

 

 

あと、特に最近の軽自動車に多いことですが・・・

販売価格を 吊り上げる ために、不必要な安全装備をゴテゴテ付けているクルマがありますね。

 

なんとかセンシングとか(^^;)

その内容は、運転者自身が気をつけていれば済むようなものばかり。

 

 

 

元々、事故を起こすような人間は、

 

どんなに自動安全装備が付いていても、結局、事故を起こすのですから変わりません。

 

要するに そんな安全装備はムダ だってことです。

 

 

ここ10年ほどで急激に増えてきた、ブレーキとアクセルの踏み間違え事故も似たようなものです。

オートマ車の運転に慣れ過ぎて、運転技術そのものが退化してしまった。

 

今後、自分で気をつけていれば済むような安全装備が付いたクルマに乗ってる人間の方が、かえって事故を起こす確率が高くなるでしょう。

 

 

自動安全装備 多数装着車=下手くそ養成車

 

 

 

ですからね。

 

 

 

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.