最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
レッドブル、かなりの見切り発車だが

 

大丈夫なのか???レッドブル。

 

レッドブルF1代表「ホンダとなら優勝のみならずF1タイトルを目指すことができる」

https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180619-10319029-carview/

 

2005年にF1活動をスタートしたレッドブルは、2007年からルノーのエンジンを搭載。

2010年から2013年にかけてともに4年連続でダブルタイトルを獲得するという輝かしい成果を挙げた。

 

しかし現在のパワーユニットが導入されて以来、レッドブルはルノーの信頼性とパフォーマンスに不満を抱き、あからさまに批判。

 

次第に両者の関係は悪化していった。レッドブルは2016年以降はルノーのパワーユニットをタグ・ホイヤーブランドで使用している。

 

2018年末でルノーとの契約が切れるにあたり、レッドブルは姉妹チームであるトロロッソのパートナー、ホンダの進歩を見守り、カナダGPでのルノーとホンダのアップグレード版パワーユニットを確認した上で、ホンダを来季からの新パートナーに選んだ。契約は2019年からの2年間。2021年にF1テクニカルレギュレーションが一新される前に、再度パートナーについて検討を行う見込みだ。

チーム代表クリスチャン・ホーナーは、ホンダを選んだことは、再びチャンピオンになるという目標を目指す上で正しい決断であると断言した。

「アストンマーチン・レッドブル・レーシングは単にグランプリで勝つだけでなく、世界タイトル獲得を目指して戦っている。今回のホンダとの複数年契約は、我々チームにとって新たな時代の幕開けとなる」とホーナー。

「我々が決断を下す際に考慮する基準はひとつ。その結果、自分たちがより高いレベルで戦えると確信できるかどうかだ。慎重な検討と評価の結果、ホンダとパートナーシップを結ぶことが正しい方向性であることを確信している」

「ホンダのF1への情熱、トロロッソと組んで以来最近見せている急速な進歩、我々の野心に匹敵するだけの彼らの大きな野心には心を動かされている。ホンダとともに働き、F1における最大のプライズを獲得することを目指す。

 

現状、過去最悪のマクラーレンよりも、まだ遅いのに?

 

あっ違った(;^_^A

過去最悪のマクラーレンは、ホンダのPU使用してた去年までだったね!

 

ルノー製 PUにチェンジしたマクラーレンは、 ”去年よりは” 良くなっている。

そのマクラーレンより、さらに遅いのがトロロッソ/ホンダですが・・・

 

毎レース、TOP10内に入れる とかなら、まだ話は分かるけれども。

 

 

ルノーと言えば、今の人は知らない人が多いかもしれないが、F1エンジンに最初にターボエンジンを導入した、自動車メーカーでもある。

そのルノー、ターボエンジンで初優勝するまでに要した時間は、約2年間でした。

 

その次。

F1ターボエンジンに参入したポルシェも、約2年。

そして、その後に参入したホンダターボも、初優勝までは同程度の時間だった。

 

 

何が言いたいかというと、

 

本当にいいエンジン、勝てるエンジンは、

 

勝てる(初優勝する)までに、3年も4年もかかったりしない。

 

 

 

ルノー F1 V10 エンジンを積んだ、スーパーミニバン!

ルノー F1 V10エンジンを積んだスーパーミニバンを、元ワールドチャンピオンのアラン・プロストがドライブ!

ミニバンが、F1 V10サウンドを響かせて走るサマは、違和感全開ながらもカッコイイ!??

 

 

マクラーレンの名車3台。

 

個人的に好きなマクラーレンは、やはりこのポルシェエンジン時代のが一番いいね。

 

 

 

そして、ホンダエンジンなら、これまで何度も書いていますが、

 

ウイリアムズ/ホンダが最高です。

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.