最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
やはり S660(S07Aターボ) は壊れやすい

 

※2019年追記

S660エンジンは、やはり耐久性が無く、壊れやすいということが証明されました。

 

以下の文は、現在ほぼ最速のS660を造った、Resalt Japanさんのブログに記載してあったことですが、

 

https://ameblo.jp/result-japan/entry-12401192669.html

流石にヘッド加工はうちでは出来ないのでDetour【ディーター】さんにお願いしました。

 

s660のユーザーさんにはまだ知名度は低いと思いますので軽く説明するとですね。
主にはバイクのレースエンジンを得意とし全日本選手権で年間チャンピオン車両のエンジンを手掛けていた程の凄腕エンジン屋さんデス。

勿論車の知識も豊富でエンジンだけではなく足回りのセッティング、燃調、データロガーの解析などなどなんせとっても凄い方なんですよww


そんな、ディーターさんに今回はシートカット、バルブ擦り合わせ、吸排気ポートの加工をお願いしました♪

 

Detourさんいわく、

 

S660のヘッドは、サーキットを走っていない車両でも、

 

30000キロを超えた辺りから 圧縮漏れが酷く

 

60000キロぐらいでは、2番シリンダーの 圧縮は限界値 ぐらいまで下がってしまうそうです…。

 

 

 

 

このブログではNシリーズの頃から、S07Aターボは耐久性が無く、弱いエンジンとさんざん指摘してきましたが・・・

 

えっ!?

 

そこまで酷いエンジンだったの!??

 

と、ビックリしました(;^_^A

なんせ私の想定よりも、ずっと耐久性が低かったのですから。。。

 

たった3万キロで圧縮漏れが酷くなり、6万キロで?もう圧縮が限界値を下回るシリンダーが出てしまうなんて。。。

 

これ、かなりの欠陥エンジンではないですか?

 

 

ちなみに私の乗っていた旧アルトワークスは、走行距離 20万キロ超 の時点でも圧縮値が基準以下のシリンダーはひとつも無かったですよ。

 

 

それが?S07Aターボは、たったの6万キロ台で??シリンダー圧縮が限界値のが出るって?

 

それって以前、記事にした、トヨタの中国製エンジンなみに酷いじゃないですか。

 

凄腕のエンジン屋さんが言ったことですので間違いはないのでしょう。

サーキット走行していないのに、こんな短期間でエンジンが劣化するのは、近年ではかなり珍しい事例だと思います。

 

純正状態できちんと対策されていないエンジンの熱問題が、こんなところにも大きな悪影響を出しているということですね。

オイルクーラー付けないと、エンジンすぐ壊れるよ・・・って、かなーり昔に書きましたが、そういうことです。

 

これも以前から書いていることですが、設計ミスによる不具合があまりにも多すぎます。

 

 

 

 

 

先日発売された、自動車DVDで人気のDVDホットバージョン Vol.152

 

 

 

ジャーマンスポーツも楽しみでしたが、昨年に引き続き S660ナンバーワン決定戦 in 筑波が収録されています。

 

 

観てみたら・・・がっかり。

 

やはり去年と比べて、ほとんど進歩(性能向上)していませんねS660は。

spoon S660 エンジンブロー(エンジン破損)

 

 

TOP FUEL S660 エンジンブロー(エンジン破損)

 

トップフューエルが 最初に壊れる のは、予想通りでしたが(^^;)・・・

 

 

意外だったのは、パワー抑えめ、 耐久性重視の方向 でチューニングしていたはず?・・・の

SPOON S660が、あっさりエンジンブローしたことです。

 

言うまでもなく、ホンダ車のエンジンチューニングに関しては、参加中のショップの中では最も経験と知識、ノウハウが豊富なショップさんで、

 

すでに3年も前に、このブログで指摘していましたが、 S07Aターボは耐久性が低い ことを考慮し、

 

SPOONではレブリミットを、ノーマルの7,700回転から7,500回転に変更、200rpm下げていました。

通常、チューニングした場合、回転数を引き上げることが多いレブリミットを、逆にわざわざノーマルよりも下げていました。

 

それだけ 耐久性を重視したチューニング にしていたのです。

 

spoon S660は、パワーも参加車中では最も低く、100ps以下 でした。

それでも壊れてしまった。

 

 

それにしても・・・

 

この程度のレベルで??

 

たった、90〜100ps出てるかどうか程度の?低いチューニングレベルで??

 

こんな短期間(たったの約1年程度)で壊れてしまうとは。

 

このブログで予想した通りになっていますね(^^;)

 

 

 

この手の自動車テストDVD撮影で、テスト参加車輌が複数台エンジンブローって??

 

珍しいと思うと同時に、呆れてしまいました。

 

 

コペンローブは、もう170ps以上なんですよ。

なんか、エンジンのレベルがあまりにも違い過ぎますね。

 

これで ホンダ S07Aターボの強度や耐久性が、ダイハツ KF-VET以下、劣っているということが証明されてしまいましたね。

 

その理由の一つとしてダイハツ KF-VETでは、ピストンとコンロッドの強化で、かなりのハイパワーに対応することが出来ましたが、ホンダ S07Aターボの場合、エンジンブロックの強度も低過ぎるためにそれだけでは足りず、シリンダーブロック、クランクブロックまで強化しなければならない。そこでまたムダなコストがかかってしまい高額になってしまう。

S07Aの強化エンジンがなかなか出ない、100ps程度で伸び悩み、その上が全然出来ない理由もそこにあります。

 

 

 

そー言えば今回、HKSさんが参加していませんでしたね。

てっきりご自慢の水冷インタークーラー付きデモカーで参戦するかと思っていたんですが・・・

また壊れちゃったんですかね(^^;)

 

ただ、あの水冷インタークーラーも、価格が高いだけで大して役に立たない(ほとんど性能向上しない)と思いますよ。

オフ会で 見せびらかして自慢する程度 にしか役に立たないでしょう。

50万円もかけてそんな程度では、ほとんど無意味ですね。

ビジュアル的にはいまいちだったけど(^^;)、ショップ44Gさんのやっていた、はみ出し空冷インタークーラーの方が効率的には理にかなっていたと思います。

 

もうS660は、新しい専用エンジン開発してソレに変更しないと、チューニングではムダに金がかかるだけ のクルマになってしまいますね。

 

 

 

さて、最後にちょっとしたお知らせですが、

今後、このブログのタイトルが「最速の軽自動車!アルトワークス」から、「最速の!?自動車ニュース」に変更になりました。

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧アルトワークス 中古車 を見る

 

 

カプチーノ 中古車 を見る

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.