最速の軽自動車! 旧アルトワークス

現在でも軽自動車で最速のクルマ、旧アルトワークス。そのチューニングやメンテナンス、中古車選びのポイント等、オーナーの視点から書いてるブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
普通車で、現在購入検討中のクルマ 1台目

普通車も何台か所有していますが、ここ数年、普通車で新たに欲しいクルマが何車種かあります。

入れ換えか増車にするかは、まだ決めていませんが。

 

まず、第一候補はコレ。

VW ゴルフR

 

主要諸元表
4ドア 6速DSG® 右ハンドル
ABA-AUCJXF
4,275
1,800
1,465
2,635
1,535/1,510
130
1,500
5
5.2
14.4
DSG®/筒内直接噴射/電動パワーステアリング/アイドリングストップ装置
CJX

直列4気筒DOHCインタークーラー付

ターボ(4バルブ)

82.5×92.8
1,984
9.6
206(280)/5,100‐6,500
380(38.7)/1,800‐5,100
電子制御式
55
無鉛プレミアム
湿式多板ダイヤフラム式/コイルスプリング式
自動6段(前進)1段(後退)
2.923
1.833
1.307
0.968
1.037
0.812
3.263
1‐4速:4.769/5‐6速、後退:3.444
マクファーソンストラット(スタビライザー付)
4リンク(スタビライザー付)
ベンチレーテッドディスク
ベンチレーテッドディスク
225/40R18

 

 

ゴルフのトップエンドモデルの1台ですね。

私の購入したいクルマの条件の中に、

 

4WDで速いクルマ

 

というのがあります。

元々、アルトワークスもその条件に合っていたので、FFではなく4WDの方を選んだわけです。

 

一昔前とは違って近年はドライの舗装路なら、駆動方式による動力性能差というものは、ほとんど無いほどになって来ました。

 

なので、ウェットとかスノーとか悪条件下でも、安定して速く走れる4WDの方がいいと思っています。

 

 

 

 

VW ゴルフR

 

このゴルフRは、4駆で速く取り回しのいいコンパクトさ、その上使い勝手も良いと、まさしくアルトワークスをそのまま大きく、速くしたようなクルマ(^^;)です。

 

ところで・・・

 

アルトワークスに出会ってから、クルマの好みがかなり変わりました。

以前はずっと純粋なスポーツカーに乗っていたので、元から車高が低くてFR車が好みでした。

 

 

逆にアルトワークスのようなデザインの2BOXカーはどちらかというと、外観では 嫌い! なデザインでした。

 

見た目が嫌いな方なのに、何故?選んだのか??

 

 

と言うと、前にも書きましたが、同クラスのクルマで使用条件に合致した、旧型アルトワークスより速いクルマが存在し無いからです。

見た目よりも、性能重視で選んだわけです。

 

そしてその状況は、2016年末の今現在でも変わりません。

 

例えば、今話題のホンダ S660を、旧型アルトワークスの50万円程かけてチューニングしたクルマと、同じくらいの動力性能にするためには、

2倍のコストの ”100万円以上” もお金をかけてチューニングしなければなりません。

 

元の車両価格の高さを考えると、これは非常にバカバカしいことです。

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村



JUGEMテーマ:車/バイク

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.