最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
V-プロテクター入手

今週買ったカー用品


V-プロテクターと、フットレスト
 
V-プロテクターは以前、某サイトさんで紹介されていたものです。
大容量のバッテリーコンデンサで、いわゆるホットイナズマ系の製品ですが、それらとは容量がまったくケタ違いの ”超大容量” になっているのがこのV-プロテクター。

 

デイトナ V-プロテクター

http://www.daytona.co.jp/products/single-70823-genre

 

■一般の電解コンデンサと比べ数百倍の容量を誇る22Fのスーパーキャパシタ(電気二重層コンデンサ)を6個搭載。
■大容量のスーパーキャパシタが、バッテリーの電気を瞬時に蓄えて、強力サポート。
■バッテリーの電圧降下時に、V-プロテクターから瞬時に供給し、電圧降下を抑えることでバッテリーを保護します。
■安心の国内製電気二重層コンデンサ採用。
■バッテリーのプラス端子とマイナス端子に接続するだけの簡単装着。
■万が一の誤配線、過大電流にも安心な保護回路搭載。
■防滴仕様。(完全防水ではありません。)
■充放電
※22Fの電気二重層コンデンサを6個搭載。
 

 

V-プロテクターは内部に22Fもの大容量コンデンサーを6個内蔵、合計で実に132F(ファラッド)もの大容量となっているのです。

 

単純計算値では、ホットイナズマの5170μF(マイクロファラッド)の68億倍!!にもなるとか(^^;)

 

22F×6個=132F(※1F=1,000,000μF)

 

一般的なオーディオチューニング用のキャパシタ容量は、30,000uFから20F前後なのを考えると、V-プロテクターの132Fは、かなり大容量のキャパシタです。

 

期待される効果

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/1407/capa2/index.html

 

オルタネーターが不安定で充分な電圧および電流を発生しない回転数、たとえば2000rpmや3000rpm以下などの発進時や巡航時、また、そのような低回転からアクセルを踏みこんだときのトルクの立ち上がりレスポンスを向上させるため、このキャパシターから「瞬時に大電流を取り出し」インジェクターのレスポンス向上および、点火系一次電圧の向上と安定により、結果として二次電圧も上がることから、点火プラグのスパークがより強力に飛ぶことでミスファイアが減るとともに、不安定な混合気状態でもより確実な点火が可能になるというものです。

 

アイドリングや低回転域でのバッテリーの負担を軽減し、電力を補間/強化出来るもので、低速域でのプラグへの点火強化にも多少効果があると思われるため、入手してみました。
製品自体はすでにメーカー廃盤となっていて、現在は市販されていません。
 
 
 
アルミ フットレスト
 
これはカプチーノ用の流用です。
サイズ的に旧規格アルトワークスの純正フットレストに合いそうだったので注文してみました。

 

 

 

アルミアルマイト仕上げなので、他のペダル類とカラーも合わせたタイプです。

取り付け後

 

 

 

 

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村



JUGEMテーマ:車/バイク

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.