最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
ヤバイ!遅くなった。

2ヶ月くらい前に買っておきながら、交換していませんでいた。

 

HKSスーパーパワーフローフィルター

交換します!

 

エアクリーナー交換時期がいつもより数ヶ月遅れました!

 

前回交換した日

 

今までは約6ヶ月で交換していましたが、今回は8ヶ月も使用、約15,000キロほど使ってしまいました(^^;)

 

 

 

15,000キロ使用後のエアクリーナー、フィルター裏側(エンジン側)

 

このエンジンは載せ換え後、40,000キロほど走行しています。

当たり前ですが、オイル(ブローバイ油分)等の付着は、まったくありません。

 

 

 

 

 

最近の省燃費型エンジンは、構造上エンジンオイルの管理が非常に重要になってきています。

 

オイル交換を怠ったり、安いオイルを使用したり、特に 油温管理 が不適切ですと、ピストンリングが早期に劣化してしまい、以下の画像のようにブローバイガスを大量に噴くようになってしまいます。

 

ホンダ S07Aターボ エアクリーナー 5,000キロ使用後(※油温が限界オーバーした車両の例)

こうなると、エンジンオイルの消費が増え、短期間でエンジンオイルが減ってしまうようになります。

 

以下の正常な車輌でもオイル付着多め。

http://minkara.carview.co.jp/userid/354027/car/1562392/3156273/note.aspx

 

外したエアクリーナーです。

吸気側はほとんど汚れていないのに、裏側はブローバイのオイルでグダグダです。

燃費を良くするとこうなるんですかね?
今まで こんなオイルまみれのクリーナー見たことないです…

 

ヘッドカバーから出ているブローバイホースは、エアクリーナーBOXに繋がっていますね。

つまり囲み内事例のエアークリーナーは、実際にエンジンからのブローバイによって、オイルまみれになっているということです。

 

 

純正パーツを外したところです!フィルターが汚れてますね〜、走行2300キロ程でこうなります。

 

 

以下の面白い人がいました。

http://minkara.carview.co.jp/userid/17807/blog/

 

上記のブログの方は、上の囲み部分内の文章を私が書いたと勘違いしていますが(笑)

 

いいですか?
この囲み部分内の文章は、そのクルマのオーナー自身が書いた文の引用です。

 

私ではなく、持ち主のオーナー自身

 

「こんなオイルまみれのエアクリーナー見たことがない」

 

と書いているんですよ。

ヘッドカバーから出ているブローバイホースは、エアクリーナーBOXに繋がっていますね。

つまり囲み内事例のエアークリーナーは、実際にエンジンからのブローバイによって、オイルまみれになっているということです。

 

また、リンク先のブログの方は、何を問題としているのか?それさえ理解していませんね。

 

このブログで問題としているのは、エアクリーナーのどちら側が汚れてるから良いとか悪いとかではなく、

 

新車で新しいエンジンなのに、ブローバイガスが異常に多い

 

ということを問題にしているのです。

 

 

 

 

 

 

というわけで、現行エンジンの方はエンジンオイルの管理をシビアに!

 

 

 

 

表側の汚れ具合も新品フィルターと比べるとよくわかりますね。

 

 

新品フィルターをアウターフレームに入れてみると、約15,000キロ使用のエアクリーナーの汚れ具合がよくわかります。

 

 

終了。

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村



JUGEMテーマ:車/バイク

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.