最速の軽自動車! 旧アルトワークス

現在でも軽自動車で最速のクルマ、旧アルトワークス。そのチューニングやメンテナンス、中古車選びのポイント等、オーナーの視点から書いてるブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
見た目だけ、数値だけ・・・じゃない実力の伴ったもの

 

見た目だけ・・・

(カッコイイけど遅い(^^;))

 

 

数値だけ・・・

(90、100馬力出てるのに何故か??遅い(^^;))

 

 

ではなく。

 

 

本当に高性能 な軽自動車スポーツカーというものをおさらいしてみよう!

 

 

ミッドシップ 軽カースポーツ最強!スズキ キャラ

 

ホンダ S2000が抜かれるくらいですから、S660程度ではまったく敵わないですね(^^;)

ベストタイムは2分08秒291ですが・・・

 

なんと、普通車と比べてもトップクラス!ベスト3のタイムです。

 

このキャラのオーナーさんは、他に800馬力以上のR33 GT-Rも所有。

 

スズキ キャラ

 

1993年1月27日に発表。

マツダの販売チャンネルであった「オートザム」ブランドで発売された軽スポーツクーペ「AZ-1」のOEM車(もっとも、後述のようにAZ-1のエンジンはスズキ製)。

軽量ボディーにガルウイングドアを採用。

アルトワークスに搭載していた3気筒DOHCのF6Aターボエンジンを搭載する。

AZ-1と同一でありパーツ転用も可能。

 

マツダ AZ-1との違いはスズキのエンブレムへの変更、寒冷地向けの対策がない、オプションでのABSやフェンダーミラーが未設定、屋根カバー部分の「AZ-1」ロゴを「SUZUKI」に変更、後部エンジンフードのロゴ、フロントバンパービルトインのフォグランプ標準化、インテリアではフォグランプ用スイッチが付いている部分のみ。このフォグランプのため、AZ-1より販売価格は高く設定されていた。

 

 

スズキ キャラ ワイドボディカスタム

 

このクルマは数ヶ月前、某オークションに出品されていたクルマですが・・・

 

落札価格は、なんと3,300,000円!でした。

 

 

 

旧アルトワークス

スズキ アルトワークス HA21S(FF)/HB21S(4WD)

 

サーキットでは多数のコースレコードを持つ軽スポーツ

現在、この型の旧規格アルトワークスは、岡山国際サーキットとセントラルサーキットにおいて、660cc軽規格クラス(ボアアップ無し、車幅拡大無し)でコースレコードを記録しています。

 

そのタイムは、岡山国際サーキットが1分49秒台、セントラルサーキットでは1分29秒台

 

見た目だけの鑑賞用スポーツカーでは出せない速さです。

 

モータースポーツの世界で最も活躍し、20年前からなんと”今現在でも”多数の戦績、実績、記録を残している4代目アルトワークス

サーキットはもちろん、ラリー、ダート、スノー(雪上)等あらゆる状況下で最速なのは、この型のアルトワークスだけとなっていますね。

 

スノー(雪道)でもトップクラス

 

 

アルトワークス 中古車 を見る

 

カプチーノ 中古車 を見る

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村



JUGEMテーマ:車/バイク

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.