最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
ホンダ車 部品の品質低下 が深刻な問題に
軽自動車の雑学59回目は、ホンダ車 部品の品質低下が深刻な問題に です。
過去記事の中国製 自動車部品の怖さで、ホンダ車の品質低下についても書いていますが、昨日のニュースで下記の記事が掲載されました。


リコールの嵐に揺れるホンダ、役員OBも社長に苦言

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20141117-00000021-biz_reut-nb
 

リコールの影響で品質の再検証に時間と精力を割かれ、その結果、新型車の発売は1年間もゼロの状態だ。

ホンダ車の5割が搭載するタカタ製エアバッグの異常によるリコール問題も米国で深刻化し、さらに追い討ちをかけている。伊東社長は危機をどう乗り切るのか、同社役員OBからも心配の声が上がっている。

今年10月、1990年から98年まで社長を務めていた川本信彦氏(78)が本社(東京・青山)に出向き、伊東社長を訪れた。元役員など複数のホンダ関係者によると、ここ数年、急増しているリコールについて、ホンダブランドのダメージにつながりかねないとして、品質問題にすばやく対応するよう厳しい口調で諭したという。

「いったいホンダはどうしたのか。どこかがほころんでいる」――。

1980年代の経営陣の1人で、川本氏の訪問を知る元役員は、ロイターの取材に対し、「ホンダの社内はほとんど危機感を感じていないのでは」と懸念を示した。「川本氏はそうした社内の雰囲気にフラストレーションが募り、わざわざ伊東社長に会いに行ったのだろう。ただ、伊東社長が川本氏の真意を理解したかどうかはわからないが」。元役員はそう続けた。
 

リコール制度は、少しでも不具合が見つかれば、重大事故につながらないよう隠さず速やかに回収・修理して対応するもので、リコールそのものは悪いことではない。フィットの場合をみても、不具合の部位は5回すべてが同じではない。

ただ、同一車種、しかも新型車が発売直後の ”わずか1年間で5度や3度もリコール” を実施するのは「前例がなく、検証が不十分だった」(ホンダ広報)ことは否めない。

役員OBらが 「今のホンダは根本的にどこか悪いのでは」と感じるのも無理はない。



上記のように近年のホンダ車の欠陥の多さが深刻な問題になって来ています。
軽自動車Nシリーズでは、CVTエンジンECUイグニッションコイル部品の錆び雨漏り等です。






そして先日の記事、中国製 自動車部品の怖さで、近年のホンダ車が不具合が多い理由に中国製部品の可能性が高いと書きましたが、やはりその通りだったようです。
 

元役員の1人は、相次ぐリコールは2009年の就任後に伊東社長が決断した新たな部品調達戦略に一部、起因しているのではないか、ともみている。世界中に工場を持つメガサプライヤーから部品を大量かつ安価で調達しコスト削減を目指すというもので、系列サプライヤーから調達する、長年続けてきた従来の方法とは対極にある。これまでなら阿吽(あうん)の呼吸でできたことが、メガサプライヤーとの新たな取り組みが増え、「エンジニアたちが、あまりにも多くの仕事を抱え込み過ぎたのではないか」(元役員)と指摘する。



部品を大量かつ安価に調達すると、たしかにコストは下がります。
しかしその反面、部品の品質は確実に低下します。
問題は、安価に調達するために選んだ国の中に中国があるということ。

日本の部品供給企業では、まず品質を重視しますが、中国企業の場合はそうではなく品質よりも数量です。

”質より量”の国です。

そんなところから部品調達し、そのような部品を使っていたのでは、クルマが良い製品として出来上がってくるわけはないですね。
中国製部品の使用率が例え数パーセントであっても、クルマの信頼性、耐久性は間違いなく低下しますから。
このまま中国製の純正部品を使い続けるのなら、これから先も不具合や故障は後を絶たないでしょう。
実際、現時点での軽最新モデルであるN-WGNにも、エンジン始動不可の不具合が増えてきています。


私も、元ホンダ車ユーザーだった一人として・・・
これから来年にかけて、ホンダがどのように改善していくのか?
期待して??見ていこうと思います。


あえてもう一度、書きますが・・・

21世紀の新車のクルマが”雨漏りするなんて日本車の恥”ですよ。

ホンダさん。



※それから、下記のブログにも興味深い記事がありましたので、併せてご覧下さい。

自動車会社 ホンダの様子がどうも変です

http://nihonnococoro.at.webry.info/201312/article_2.html



 役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ スズキ(車)へ
にほんブログ村
 
JUGEMテーマ:車/バイク
軽自動車の雑学 | 10:00 | - | - | - |

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.