最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
最速の軽自動車で最速コンパクトスポーツ。
みなさんは、スズキ アルトワークスという軽自動車をご存知でしょうか??
このクルマは、2013年 現在も 軽自動車 最速な上、現行のコンパクトスポーツ以上の速さを持っています。
(※現行のNAコンパクトカーでアルトワークスより速いクルマは存在しません。)

その中でも、旧規格最終型 4代目アルトワークス、型式HA21S(FF)/HB21S(4WD)の1994年〜1998年9月までのモデルは、現行モデルのコンパクトスポーツカーですら、勝てないほどの高性能を秘めています。


4代目 アルトワークス HA21S(FF)/HB21S(4WD)

上画像のクルマが現在でも、最速のコンパクトスポーツとして通用する旧規格最終型アルトワークスです。
この世代のアルトワークスはノーマル車でさえ、0→400m加速 15.4秒という、軽自動車としては、驚異的な加速性能をもっています。
このタイムは2013年現在でも 軽自動車 最速タイムで、今、話題のホンダ N-ONE ターボでさえ及びません。(現行軽自動車は、NA車で20秒、ターボ車でも18秒もかかる) それどころか、
このタイムは、同じスズキの現行コンパクトスポーツであるスイフトスポーツよりも速いのです。おまけに、なんと!今をときめく話題のクルマ?トヨタ86と、ほぼ互角のタイム(;^_^A

さらに、チューニングしていけば、1600ccコンパクトスポーツどころか、2000cc以上の普通車ですら勝てないほどの速さを得ることも可能です。


これが私の所有しているアルトワークスです!(HB21S 4WDモデル)

 
3年前に通勤用として購入してみましたが、このクルマのポテンシャルの高さには驚きの連続です。

軽自動車を自分のクルマとして買ったのは、このアルトワークスが初めてで、それまではずっと、国産車最速クラスの車種をチューニングして何台も乗り継いでいましたが、そんな私でも不満が無いくらい速く、一般的な軽自動車の概念がまったくあてはまらない、また、根底から覆された非常に面白いクルマです。

このアルトワークスの魅力を一言で表現すると・・・

軽自動車をはるかに超越した、動力性能を秘めていること。

このクルマのノーマル状態は、64馬力規制に合わせるためにディチューンされているので、本来の性能は封印されています。その状態でさえ軽自動車で最速ですが、このクルマが秘めている本来の性能は、そんなものではありません。


このように、アルトワークスというクルマは、

軽 最速であると同時に、コンパクトカー 最速

でもあるのです。

これから、このブログで隠れた?名車、4代目アルトワークスの魅力についての日記、整備記録や、チューニング記録などを書いていこうと思います。

次回は、このクルマを買うことにした、経緯について書こうと思います。
価格が安くて、維持費も安くて、燃費も良くて、それでいて速い!というクルマをお探しの方には参考になると思います(^^;)


アルトワークス 中古車検索!


にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ コンパクトカーへ
にほんブログ村
 
JUGEMテーマ:車/バイク
コメント
コメントする









 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.