最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
何がダメなのか?理解出来ないようでは アホ

いいこと言うねえ!

 

神@LifeDunk_5MT7月24日

https://twitter.com/LifeDunk_5MT

 

ちょっと過去の記事じゃけどここまで丁寧に書いてくれてるのに エンジンと駄目な所が変われば次の車として前から考えるんじゃけどな 言葉はちょっと悪いかもしれんがでもそれくらいの方が信頼ができる

http://alto-works.jugem.jp/?eid=555


#S660 乗りの皆さん
特にS660が出たての頃を乗ってる人は必見です。
コレは俺が見てる一部のサイトなのですが知っとるのと知らないのは大違いです。
本当に好きな車なら不具合から目を背けるのではなく向き合って下さい

 

http://alto-works.jugem.jp/?eid=657 

 

 

ホンダ ライフダンクのオーナーさんのツイートですが。

 

本当に好きな車なら、

不具合から目を背けるのではなく向き合って下さい

 

 

 

 

 

前にも書いたけど、

 

事実を言われて、ディスってるとか悪口言ってるとか、反応するのは幼稚でバカ

 

 

事実、

 

 

欠陥だらけ だから欠陥車。

 

 

遅い から遅い。

 

 

性能低い から低い。

 

 

と言ってるだけの話。

事実 そんなクルマなんだからしかたがないですね。

 

 

 

何年も前から掲載している、S660のエアクリーナーの異常な汚れの画像ですが、

未だに 何でこれがダメなのか? が理解出来ないほど知能が低い人達がいます。

 

よく反論されてるおバカちゃん達の言い分は、

 

「これはエンジン側でなく、外気側だから大丈夫。」

 

とか、おバカなこと言ってるのがいましたが・・・

 

 

純正のエアクリーナーボックスの中 に入っている」純正エアクリーナーが、

半年未満、5000km未満の短期間で、こんな汚れ方していること自体が 異常 なんです。

 

 

エンジンが正常なら、こんな汚れはつきません。

 

 

エンジンが弱い、壊れやすいというのも、上記の汚れからもわかることですね。

 

 

 

 

これは、私のアルトワークスで半年間、約6,000km使用した、HKSパワーフローの新品時と使用後画像との比較ですが・・・

ご覧のように、まっ黒いシミ など、まったく付いておりません。

 

純正エアクリーナーボックスの内部に入っていない、エンジンルーム内で むき出し になっているオープンタイプのスポーツエアクリーナーでさえ、この程度の汚れにしかならないのですから、上画像のS660の純正エアクリーナーの汚れが、いかに異常なのか?

これでもまだ理解出来ないようでは、救いようがないバカですね。

 

 

言うまでもなく裏側はもっと綺麗です。

 

何がダメなのか?それさえ理解出来ないとは どれだけ バカ なんだ??と言うことです。

 

 

 

旧アルトワークス 中古車を見る

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
軽自動車の雑学 | 22:31 | - | - | - |
ミラターボ アヴァンツァート復活!

 

 

は・・・

 

 

 

しないの??

 

 

 

ダイハツさん!!

 

 

現行 軽自動車 スポーツカー の速さでは、すでにコペンローブ敵無しのトップですが、

 

続きを読む >>
軽自動車の雑学 | 20:27 | - | - | - |
ディーラーが顧客にウソ

ディーラーが 顧客であるユーザーに ウソ をついてもいいのか??

さて、そろそろ熱対策が ダメダメ なミッドシップには、ツライ季節がやって来ましたネ!

 

続きを読む >>
軽自動車の雑学 | 08:26 | - | - | - |
141ps 16kg-m

現行の 軽自動車スポーツカーで、

 

最速 を誇る コペンローブ。

 

 

コペン専門店 も。ファク

http://www.mo-fac.com/

 

CADCARS

http://cadcars.xii.jp/

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

今日はそのメカニズムに迫ってみましょう。

 

そのエンジン KF-VETは、今年の1月に 最高出力141.7ps最大トルク16.05kg-m という性能を叩き出し、現在軽自動車のスプリントレースでは、

旧型のハイパワーマシン勢と戦えるほどになっています。

 

軽自動車レース界では、2017年現在でもトップグループは 10〜20年前の 旧型モデルが独占 しています。

 

旧型のレース用チューニングカーは140〜150ps程度が当たり前であるため、それらと対等に戦える性能を目指し完成したのが、このコペンローブ。

 

 

 

つまり、もう現行 軽自動車には、動力性能で

 

コペンローブに勝てるクルマは存在しないということ。

 

 

 

 

ノーマル車では性能的にいまいちだった、現行のコペンローブですが・・・

チューニングカー、モータースポーツでは、現在同クラスの他車を 圧倒的にリード しています。

 

 

純正ECUの呪縛からエンジンを解き放した、HKS F-CON Vpro

純正のECUで最もネックになるのが、電子スロットルの制御や介入です。

それをF-CON Vproによって、純正の制限や介入を完全に排除。

 

そして、これも現行軽自動車では共通の弱点であるエンジン内部パーツ、コンロッド。

 

それをキャリロ製特注コンロッドへ変更。

 

純正コンロッドとキャリロコンロッドとの比較

 

ご覧のようにコンロッドの太さがまるで違いますね(^^;)
それだけでなく、ピストンピン側はフルフロー、コンロッドボルトも高張力対応の強化ボルトになっています。

 

 

エンジン本体を強化して、軽自動車用チューニングタービンとしては

最大クラスの IHI RH-F5タービンを取りつけ。

 

さらに燃料系は、ハイブーストに対応が不可能な、現行軽自動車に多いリターンレス式を、ワンオフでリターン式へ変更。

これでハイブーストへも完全対応可能になり、併せて燃料ポンプも変更。

 

ついに、現行 軽スポーツカー 最強のコペンローブが完成。

141.77ps   16.05kg/m

 

凄いところは、このパワーを 安定して発揮 出来るというところです。

S660のようにシャシダイの数値だけで、実走行では遅い、短時間しか持たないのとは違うということですね。

 

動画をよく見ると・・・

0:56秒辺りから、後方から来てる黒いマツダRX-8が必死に追いつこうとしても追いつけず、このコペンローブに振り切られていますね(^^;)

 

さて、S660と36アルトワークスは、いつになったらコペンローブと同等の性能が出せるようになるんでしょうか??

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

軽自動車の雑学 | 21:49 | - | - | - |
なぜ ホンダは落ちぶれた のか?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「今の状況にはうんざり」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170602-00000000-fliv-moto

 

フェルナンド・アロンソが、悲惨とも言える厳しい状況が続くマクラーレン・ホンダの今の状況にはちょっと「うんざりしている」と認めた。

先週末に開催されたF1モナコGPを欠場してアメリカでインディ500に挑戦したアロンソだが、来週末には再びモントリオールで開催されるF1カナダGP(11日決勝)に参戦することになる。

■ホンダエンジンでは可能なものを可能にできない

カナダGPに向けての抱負について質問されたアロンソは、母国スペインの『EFE通信』に次のように答えた。

「うれしく思っているよ。唯一足りないものは競争力だけどね」

「ホンダと今のエンジンではすべての可能性を可能にすることができるわけじゃない。そしてこれにはイライラさせられるときもあるよ」

「週末には持てる力をすべてつぎ込んで頑張っている。そうしたら何かが壊れてしまうんだ。これにはちょっとうんざりだよ」

 

 

ココのブログですが、実は大変ありがたいことに、各自動車メーカーの方々が、

ほぼ毎日見に来てくれています。

 

トヨタ、ニッサン、スバル、ホンダの各メーカーからです。

 

 

中でも、2年ほど前からですが、最も多くアクセスがあるのがホンダ、本田技術研究所の方々です。

あえて意地悪な書き方をした甲斐がありました。

 

 

星の数ほどある、どこにでもあるような、 ありふれたブログ のように、

 

当たり障りの無いようなこと しか書かないのでは、

 

自動車メーカーの人間が直々に見に来るようにはなりませんからね。

 

 

頭が単純なバカ信者達も、こちらの思惑通りの反応するのでとても都合がいい。

頭の弱い方々が騒いでくれるおかげで、自動車メーカーからのアクセスが非常に増えました(笑)大変感謝しております。

 

バカとハサミは使いようというわけです。

 

 

 

続きを読む >>
軽自動車の雑学 | 11:21 | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.