最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
台風!結局、簡単なことが守れた方が生き残り・

そして、

 

簡単なことが守れない人 命を落とした。

 

 

その簡単なこととは、テレビでさんざんニュースのアナウンサーが言っていましたね。

 

 

不要不急の外出はしない!

 

 

避難が間に合わないときは、垂直避難!

 

 

この強大な勢力の台風が来ているときに、クルマでウロチョロする。

 

しかも増水してる川沿いの道、川の橋を通行するなど自殺行為に等しいですよね。

 

亡くなられた方の多くが、上記の2点を守れなかった人達でした。

 

 

台風20号は秋雨前線とセットになり、また大雨なってしまう可能性もあり、さらに台風21号が新たに発生します。

まだまだ台風シーズン中です。

先日の19号で氾濫、決壊した河川付近にお住まいの方は、まだまだ注意警戒が必要ですね。

 

 

 

数年前に冠水時の注意点を記事にしたことがありましたが。。。

 

台風よる車両トラブルでJAFに寄せられたSOSは534件!大雨の際の運転には十分ご注意ください!

 

http://www.iza.ne.jp/kiji/pressrelease/news/160824/prl16082418120273-n1.html

 

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は、数年前の台風の影響と思われるロードサービス依頼件数をまとめました。

台風に起因すると思われる車両の冠水・落輪など、ドライバーからJAFに寄せられた救援依頼は534件でした。
特に埼玉県内では冠水車両の救援要請が199件発生し、被害の大きさが明らかになりました。
JAFではドライバーに対し、今後発生が予想される台風に注意を促すとともに、冠水車両の実験動画等を活用して注意喚起を図ってまいります。

 

 

 

この記事で紹介したもの以外にも、色々な実験動画があって面白いですね。

 

自動車での冠水時水深の違いによるドアの開き 動画

なんと女性スタントマン!がドライバー担当です。

 

JAFが実験!
アンダーパスなどの周囲より低い道路では、車両が水没する被害が起きている。

そのような状況を想定し、セダンで水深によって運転席ドアが開くかどうかを検証。

※撮影はプロのスタントマンによるものです。
 

 

 

動画を見て意外だったのは、絶対開かなくなるというのが一般常識??と思ってましたが、意外と開けられますね(^^;)

車内と車外の水位差が少なくなると、なんとか開けられるようになるということですが、それはもう車内にかなりの浸水した状態になってしまいます。

 

 

冠水道路 走行テスト 水深60cm セダンタイプの場合

 

 

 

冠水道路 走行テスト 水深60cm SUVタイプの場合

 

冠水路 走行テストの結果ではSUVの方が短い距離でスタックしてしまいました。

勢いをつけ過ぎる??のも良くないようで(^^;)

 

 

 

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

近況日記 | 19:42 | - | - | - |
タイヤ交換

昨日、先日買った、タイヤ&ホイール交換して来ました。

 

ヨコハマ アドバン フレバV701

 

 

 

 

フロント

 

 

リア

 

このサイズでも、まだリアフェンダーには余裕があり、285ぐらいまでは入りそうな感じです(^^;

 

 

リアのツラ・・・タイヤはみ出し具合もいい感じになりました(^^♪

しばらくしたら、車高をもう少し下げる予定です。

 

 

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

近況日記 | 12:58 | - | - | - |
試し履きしたいタイヤを購入!

去年の末に、コンチネンタルのハイパフォーマンス オールシーズン タイヤ エクストリーム コンタクトDWS06 を購入、履いてみましたが・・・

残念ながら今年は  がほとんど降らなかったので、積雪路での性能は試せませんでした。

ネット上のレビューを散見すると雪道に関しては、ほぼスタッドレス並みに走れるというものが多かったので、雪が降るのを楽しみにしていたんですが、こちらの楽しみはまた来年に持ち越すとして。

 

 

ただ、別な部分での凄い一面は確認出来ました。

 

このタイヤ、トレッドウェア(寿命指数)の数値は、560もあります。
ポテンザ 050などは、140しかありません。
減りにくいと言われているミシュランの パイロットスポーツ系 でも200〜300前後。

昨年末から半年以上、通勤で毎日80kmの距離を走行していますが・・・驚いたことにほとんど??減っていません(^^;

ウェットグリップも良く、スノー(積雪路)も可という特性から、コンパウンドは柔らかめ??なはずなのに全然減らない。

 

恐ろしい耐摩耗性能です(;^_^A

こちらのタイヤは、今後?冬専用タイヤとして、12月〜翌年3月頃までのタイヤにします。

 

コンチネンタル エクストリームコンタクト DWS06

 

 

 

 

そして今回、夏用??の低燃費な??スポーツタイヤとして、試してみたくなったタイヤがあり、購入してみることに。

 

本日、お世話になっている整備工場に、タイヤが届いたので確認しに行って来ました。

ヨコハマ アドバン フレバV701 

 

今回、タイヤ変更にあたり、18インチから19インチへアップしました。

スポーツ系のアドバンブランドながら、転がり抵抗性能:A、ウェットグリップ性能:aという、面白いタイヤなので、使ってみることにしてみました!

ちなみにこのタイヤのトレッドウェアですが、今履いているコンチネンタルの560に対し、300となっています。

 

今まで履いていた、コンチネンタルと比較して燃費が良くなるのかどうか??というところが気になるところ。

 

ヨコハマ アドバン フレバV701

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

近況日記 | 19:51 | - | - | - |
オールシーズン タイヤ DWS06

お久しぶりです!

雪への備えは済んでいますか?

明日には今年最強の寒波がやって来ますね。

 

この画像のタイヤは以前、こちらの記事で紹介し、紹介直後注文したら国内売り切れで買えず・・・

 

また完売で買えないとマズイので数ヵ月後、再注文 ”早め確保” 冬用タイヤとして購入しておいた、オールシーズンタイヤ、

コンチネンタル エクストリーム コンタクトDWS06です。

 

このタイヤは記事タイトルにも書いたように、

 

ウルトラ ハイパフォーマンス オールシーズンタイヤ

Ultra-High Performance, All-season Tire

 

と呼ばれるカテゴリーになり、一般的なオールシーズンタイヤとは異なるようです。

オールシーズンタイヤながら、スピードレンジの規格は ZR となっています。

 

日本ではまだ知名度も低く、一般的でないオールシーズンタイヤですが、実はこれだけ多数のランクに分かれています。

 

1.Ultra High Performance All-Season

2.High Performance All-Season

3.Performance All-Season

4.Grand Touring All-Season

5.Standard Touring All-Season

6.Passenger All-Season

 

 

タイヤ購入後、約3ヶ月知り合いの整備工場の倉庫で保管、放置プレイしていましたが、先週ようやく履かせました!

 

サイズはフロントが、245/40r18、リアは265/40r18です。

 

 

 

このタイヤが雪道も走れる秘密??は・・・

この縦溝の奥に刻まれている、このギザギザが 雪に効く みたいですね。

 

前の記事でも書きましたが、積雪20センチ程度であれば、スタッドレスタイヤとほぼ同程度の性能があるようです。

そのため、年に数日しか雪が降らない地域では、最適なタイヤと言えるのでは?っということで買ってみました。

 

このタイヤ最大メリットは、雪道が走れる上、ドライとウェットの性能が高いというところ。

 

ドライ性能の良さは当然として、元々、コンチネンタルのタイヤはウェットでのグリップが高さが評価されているので、ウェットが苦手なスタッドレスよりも安心感が高い。

そして、スタッドレスよりも圧倒的に優れているのが耐摩耗性です。

 

まだ交換してから数百キロしか走行していませんが、まず最初に驚いたのは、タイヤノイズが小さいこと。

このトレッドパターン、そして雪道も走れるという、いかにもタイヤノイズが大きそうな外観からは想像もつきませんでしたが、それまで履いていたサマータイヤより静かになりました。

 

もうひとつのメリットは、コストパフォーマンスが異常に高いことです。

 

非常に・・・ではなく、あえて異常に高いと言っておきます(^^;)

 

その性能からは信じられないほど価格が安いからです。

 

例えば、225/40R 18インチ サイズが4本で 61,452円!

 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/e-carts/dws061108.html

 

 

ドイツメーカー製、18インチ40タイヤで性能も確かなのにこの価格は破格の安さですね!

当初は18インチ以上からでしたが、現在は16インチ〜22インチまでラインナップが増え、買いやすくなりました。

 

 

面白い実験動画がいくつかあります。


コルベットC7が、わざと除雪されていないところを走行し、このタイヤの雪上性能を披露していますね!

 

 

こちらは、ポルシェ カイエンでの雪道走行のレビュー。

ポルシェ カイエンターボで、雪道、アイスバーン、ウェット、ドライ全てでテストしています。

なんと積雪数10センチどころか、1メートル以上あるような地域でも使えています。

 

このポルシェのテスト動画だと、豪雪地域でさえも行けちゃうんじゃない?

とも思えるほどですね!

 

 

 

年間積雪が数日の地域にお住まいの皆さん!

このタイヤは超オススメです!

 

 

 

それでは、良いお年を!

 

次回更新は春ごろの予定(笑)

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
近況日記 | 21:01 | - | - | - |
セカンドカー買い替え。

今月、

 

新たなセカンドカーが納車されることになりました!

 

 

そんなわけで!?

 

 

ゴルフRを購入した時と同様、

 

 

このブログは、またしばらく 更新休止 致します(^^;)

 

続きを読む >>
近況日記 | 00:29 | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.