最速の軽自動車! 旧アルトワークス

現在でも軽自動車で最速のクルマ、旧アルトワークス。そのチューニングやメンテナンス、中古車選びのポイント等、オーナーの視点から書いてるブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
アルトワークス パーツ ベスト10!その3
アルトワークス チューニングパーツ16回目、パーツ ベスト10!その3です。
これまで、色々なチューニングパーツやアクセサリーパーツを取り付けていますが、中でも特に効果が高くお気に入りのパーツを紹介していきます。

7位:J-WORKS リブレマフラー

J-WORKS リブレマフラー

アルトワークス納車後、3週間目から現在でも付けてるマフラーです。
1本目はヤフオクにて中古を購入、2本目は通販で新品を購入しました。
パイプレイアウトは、純正と同様デフ上を通るタイプで、排気効率の観点からだと、デフ下を通すストレートマフラーよりも劣りますが、低中速トルクの低下がありませんので、街乗りではむしろこちらの方が扱いやすく速いと思います。

続きを読む >>
アルトワークス パーツ ベスト10!その2
アルトワークス チューニングパーツ16回目、パーツ ベスト10!その2です。
これまで、色々なチューニングパーツやアクセサリーパーツを取り付けていますが、中でも特に効果が高くお気に入りのパーツを紹介していきます。

4位:カヤバ NEW SRスペシャル

カヤバnewSRスペシャル

クルマを中古で入手して2ヶ月後くらいに取り付けました。
言うまでも無く、旧規格の中古車のノーマルダンパーや、スプリングは間違いなくヘタっていますので、出来るだけ早く交換することをお勧めします。
このダンパーは純正新品よりも安価な上、チューブ径も拡大されていて、街乗り用としては、ダンピングレートも最適でコストパフォーマンスがとても高く、オススメです。ただし、サーキット走行には向いていません。

続きを読む >>
アルトワークス パーツ ベスト10!その1
アルトワークス チューニングパーツ16回目、パーツ ベスト10!その1です。
これまで、色々なチューニングパーツやアクセサリーパーツを取り付けていますが、中でも特に効果が高くお気に入りのパーツを紹介していきます。

1位:スズキスポーツ N1コンピューター

スズキスポーツ N1コンピューター(モンスタースポーツ)

これは、スズキスポーツ(※現在はモンスタースポーツに移行)が、スズキ車用に各種開発して販売していた、モータースポーツ専用パーツのラインナップの一つです。
アルトワークス チューニングでは、定番とも言える代表的なもので、下記のようなリセッティングがなされています。

続きを読む >>
ラジエター クーリングパネル 購入しました。
アルトワークス チューニングパーツ15回目は、ラジエタークーリングパネルです。

ラジエターとアッパーサポートとの空間を塞いで、冷却風を逃さず、ラジエターの冷却効率をアップさせるパーツです。
知人のアルトワークスオーナーさんのワンオフもの
昔、軽自動車のチューニングパーツメーカーとして有名だった、k-car-sportのクーリングパネルとほぼ同じに製作されていて、素材はアルミ製です。

続きを読む >>
アクレ フォーミュラ700C / プロジェクトμ Coμスポーツ
アルトワークス チューニングパーツ14回目は、アクレ フォーミュラー700C / プロジェクトμ Coμスポーツです。
これまで使用してみたブレーキパッドは以下。

エンドレス SSYスポーツ

アクレ ライトスポーツ

・アクレ フォーミュラ700C

以上の3種類のブレーキパッドです。

続きを読む >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.