最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
ペダル踏み間違えは、10〜20代最多

ブレーキ/アクセルの踏み間違いは、実は10代〜20代が最多ということですが・・・

 

 

これ、考えると、もの凄く恐ろしい事実ですね。

 

 

何故かって??

 

 

これらの 若いうちから踏み間違えてしまうような人間」 が歳を取ったら・・・

 

今現在よりも、ずっと事故が増えてしまいますから。

 

 

若いうちからすでに間違えてるような人達ですから、この人達は高齢以前の中年辺りでさらに間違える確率が高くなるということ。

 

 

 

車のペダル踏み間違い事故10年で6万件、450人死亡 若年層が最多

 

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201905/0012340798.shtml

 

アクセルとブレーキの踏み間違いなどで死傷者が出た交通事故が、2008〜17年の10年間に全国で6万件以上発生し、450人が死亡したことが警察当局への取材で分かった。

兵庫県内では同じ期間に2133件の事故があり、26人が亡くなった。神戸市中央区で4月下旬にあった市営バスの事故も、ペダルの踏み間違いが一因とされる。

 

高齢者だけでなく、10〜20代の若者による事故も多く、対策が求められそうだ。

 

警察庁や県警によると08〜17年、アクセルとブレーキの操作ミスによる事故で全国では年間約6千〜約9千人が負傷し、27〜60人が死亡した。県内は183〜447人で、12年を除き死者は1〜6人だった。

 

 

誤操作した運転手の年代をみると、

 

実は10〜20代が1万6188人(26・9%)で最も多く

次いで70歳以上の1万4623人(24・3%)。

 

県内では70歳以上が541人(25・4%)で最多だが、10〜20代も530人(24・9%)でほぼ並ぶ。

 

外郭団体が独自に事故原因を尋ねたアンケートで、「乗り慣れない車」や「ぼんやり、漫然」などよりも、「慌て、パニック」の回答が多かったという結果もある。

 

 大阪大大学院人間科学研究科の篠原一光教授(51)=交通心理学=は、こうした現状の背景について「若者は運転の不慣れ、高齢者は注意の行き届く範囲が狭くなるのに加え、行動を制御する機能の衰えが考えられる」とする。

 篠原教授によると、高齢者は走行中にとっさの反応でブレーキを踏もうとする際、「アクセルから足を離す」行為を飛ばし、そのまま踏み込んでしまうことが多いという。また「踏み間違いに気付いても、即座に修正できないケースも多い」と指摘する。

 防止策の一つとして、「床面につけたかかとを軸にアクセルとブレーキを操作すれば、足の傾け具合で踏む位置を理解できる可能性がある」と提案。「まずは普段の運転操作に危うい点がないか、点検してみてほしい」と話す。(村上晃宏、篠原拓真)

 

 

 

高齢者の免許に制限をかけるのも、もちろん重要ですが、

 

それに加えて!

 

若いのに、ブレーキとアクセルを踏み間違えた人間は、即、”免許取り消し” にした方がよい と考えます。

 

 

若いうちから踏み間違える ということは?

 

もう、すでに高齢者以下 ということですからね。

 

 

 

若いうちから、そんな簡単なことすら間違えるという時点で、クルマを運転する資格が無いと思います。

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

役立たず!トヨタの安全装備!

キルスイッチ付ける方がずっとマシ!

 

 

トヨタは、バカか?!

 

 

高齢者の交通事故を抑制!トヨタ「踏み間違え加速抑制システム」設定車種を拡大

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190606-10416573-carview/?ts=1

 

既販トヨタ車12モデルに後付けできる

トヨタは、2018年12月より展開してきた後付けの「ペダル踏み間違い加速抑制システム」を既販5車種から2019年内に順次12車種まで拡大し、販売を開始する予定であることを発表した。

これにより、現在所有しているペダル踏み間違い加速抑制システムが搭載されていないクルマのユーザーにとって、さらなる安全と安心をプラスできることになる。

 

    ミニバンの乗降は高齢者も介護者もひと苦労!セダン&ワゴンが注目される理由

「踏み間違い」による衝突被害軽減のシステム
 

 

トヨタは「交通事故死傷者ゼロ」を掲げ、それに向けて新型車には、歩行者事故や追突事故などの被害軽減に大きな効果をもたらす「Toyota Safety Sense」と、駐車場などの低速時での衝突被害軽減を実現する「インテリジェントクリアランスソナー」などを設定展開している。

より安全なクルマを目指す「統合安全コンセプト」の考え方のもと、事故の前後にフォーカスされていた対応領域を、駐車から通常運転、衝突直前、衝突後、事故の際の救助まで拡大することで、あらゆる運転ステージで最適なドライバー支援を行なっている。

今回発表した後付けの踏み間違い加速抑制システム対象車種の拡大は、「交通事故死傷者ゼロ」の実現に向けたトヨタの取り組みのひとつと言える。しかも近年、駐車場などでのブレーキとアクセルのペダル踏み間違い事故は、75歳以上の高齢ドライバーが起こす傾向にある。

トヨタはその対策として、パーキングサポートブレーキの展開に加えて「後付けの踏み間違い加速抑制システム」の対象車種の拡大を順次進めてきた。同システムは、ブレーキ制御を行なわないなど、パーキングサポートブレーキの機能とは同等ではないものの、ブレーキと間違えてアクセルペダルを強く踏み込んでしまった際に、加速を抑えるなど、衝突被害軽減に貢献する。



 システムの概要は、車両前後に取り付けた超音波センサーによって前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、ブザー音で注意喚起。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制して衝突被害を軽減する。
 

 

また、バックするときは障害物を検知していない状態でも、約5km/h以上でアクセルを踏んだ場合、速度が出過ぎないよう加速を抑制して安全な運転をサポートする。
 

 

対象車種は、すでに後付けが展開されているプリウス/アクア/プリウスα/プレミオ/アリオンに加え、6月3日にポルテ/スペイド/ウィッシュの3車種に設定を拡大。さらに10月にはカローラアクシオ/カローラフィールダー/パッソ、12月にはヴィッツにも設定を拡大する予定となっている。

 

価格は5万5080円(税込)で、販売店装着の純正用品として、現在所有しているクルマに取り付けることが可能だ。

 

 

 

 

 

 

 

システムの概要は、車両前後に取り付けた超音波センサーによって

 

前方または後方約3m以内にある壁などの障害物を検知し、

 

ブザー音で注意喚起。それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制して衝突被害を軽減する。

 

 

 

こんなもの付いていても、池袋暴走事故のケースを始めとする、暴走死亡事故の防止抑制には、なんの役にも立たない。

 

 

障害物が無い状態でも、防ぐ ことが出来なければ意味がない。

 

 

こんな役立たずなものを大々的に宣伝してるなんて、トヨタバカ過ぎ。

 

 

こんなムダなもの開発するのに資金使うより、バイクに付いてるような、キルスイッチをインパネ周辺に設置して、エンジンを強制シャットダウンさせるほうが、はるかにいいでしょう。

 

助手席の人間も操作出来る位置にそれが付いていれば、池袋暴走事故も、昨日の福岡暴走多重事故も防げたよね。

 

 

要は、非常ボタン押せばすぐ止まる・・・にしておけばいいわけ。

 

 

 

センサー付けてどーのこーのやっても、障害物が無いと暴走可能!じゃ意味ないんだよ。

 

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

マスコミ誘導情報に 簡単に騙される アホ達

前々回の記事で、実際に交通事故が多い年齢、年代を警視庁公開のデータで示しましたが、

最も交通事故が多い年齢、年代は、25歳以下でした。
 
 

 

 

吉野家に車突っ込み客の夫婦けが 運転手は逃走 奈良

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-00000013-asahi-soci

 

1日午前5時40分ごろ、奈良県斑鳩(いかるが)町幸前(こうぜん)2丁目の牛丼チェーン店「吉野家 25号線斑鳩店」に軽乗用車が突っ込んだ。客の男性(27)と妻(27)が軽傷を負った。運転手は車を置いて徒歩で逃げ、県警が道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で調べている。

 

西和署によると、店の前を通る国道25号は片側1車線の直線道路。

署は、東進していた車が中央線を越え、店の壁を突き破って客席部分に突っ込んだとみている。

運転手は20〜30代の男とみられ、黒いキャップ帽をかぶっており、西方向へ逃げたという。

男性は左手に切り傷を負い、妻は右ほおを打つなどした。男性は「自分の背中側から車が突っ込んできた。すごい衝撃だった」と話した。(高橋杏璃)


要するに 「高齢者は事故が多い」と言っているアホは、なんにも知らないで言っているということ。

 

ネットで高齢ドライバーを攻撃し、キャンキャン吠えているのは、上記の なんにも知らない 最も事故が多い世代、年代 です。

 

私と同世代辺りの年代の中間層は、もっと冷静に見ています。

 

 

 

 


ネットによくいるアホの特徴
 
無知
 
幼稚
 

頭が単純


文章読解力低い
 
他人を逆恨みする

 

特に5番目の「他人を逆恨みする」は、匿名掲示板で他人の悪口を必死になって書き込んでるような精神異常者が多いですね。

 

 

 

他人の悪口を必死になって書く=精神異常者

 

 

 

事故に関しては、どっちが多い?なんて言えないわけです。

お互い様と言うこと。
 

それは死亡事故に関しても、まったく同じ。

 

仮に今後、免許返納が進んで、高齢ドライバーが減ると・・・

今度は 25歳以下のドライバーの事故の多さが目立つ ことになる。

 

 

 

いっそのこと、免許返納に加えて、運転免許の取得可能になる年齢を、

 

25歳からに引き上げた方がいいでしょう。

 

 

事故が多い年齢層が両方とも無くなるので(笑)

 

 

 

 

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧型 アルトワークス 中古車 を見る

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

年齢 年代 別 交通事故 件数 平成19年〜平成29年度

以下のデータは警視庁が提供しているデータです。

 

 

 

 

これをみると・・・

 

実は!

 

本当に 事故件数が多い 年齢、年代はどの層なのか??

 

がよくわかりますね。

 

あれあれ?

なんか騒いでる人達の言い分と現実とは違うようですね(笑)

 

 

 

 

で、高齢者の事故を減らすには、どうすればいいか?は下記。

 

 

1.免許更新のスパンを、半年ごと、または1年ごとにする。

 

数か月後には、もしかしたら亡くなって?しまうかもしれない(^^;または、体力低下、認知力低下がどんどん進む高齢者の免許更新スパンが、3年から5年は長過ぎる。半年から1年間が妥当。

 

 

 

2.実技試験を導入。主に危険回避、危機回避能力を重視した試験にする。

 

テストはランダムなタイミングでフルブレーキさせ、確実に止めることが出来るか??を見る。

もちろん間違ってアクセル踏むなんて論外で不合格です。

 

 

 

危険回避で最も重要で基本的なことは、とにかくブレーキをかけるということ。

へたにハンドル操作で避けようとせず、絶対速度を限りなくゼロに近づけることです。

そうすれば、例え衝突しても、相手にも自分にも被害軽減になるのですから当たり前ですよね。

 

ですが、モータースポーツの経験がまったく無い人は、フルブレーキングが出来ない人が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧型 アルトワークス 中古車 を見る

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

電子スロットル の怖さを知らない人達

前回の記事でも少し触れましたが・・・

 

池袋 プリウス暴走 事故のニュース記事のコメント欄にあふれるコメントを見て、近代のクルマに関して、無知な人が非常に多いことがわかって、少々驚きました。

 

 

前の記事でも書いた通り、電子スロットルという機構は、必ずしもドライバーの運転操作とイコールではありません。

 

 

 

例えアクセルを踏んでいなくても、

 

クルマが急発進したり、急加速してしまうような不具合

 

現実に起きています。

 

 

過去に、ホンダ車がプログラムの不具合による、暴走事故も実際に起こしていました。

 

ホンダが急発進などの不具合で17万台超のリコール

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030457.html

ホンダは、ハイブリッド車「フィット」などの最新モデルで車が勝手に急発進するなどの不具合があったとして、17万台以上のリコールを発表しました。

リコールの対象となるのは、ホンダが去年9月に最新モデルとして販売したハイブリッド車「フィット」と12月に販売した「ヴェゼル」の合わせて約17万5000台です。

 

国土交通省によりますと、エンジンを制御するプログラムに 設計ミス があり、突然、速度が上がったり、急発進する不具合が生じるということです。

 

これまでに、急発進した車が鉄柱に衝突するなどの事故が11件報告されています。

新型フィットがリコールの対象となるのは今回が4度目で、いずれもプログラムの 設計ミス によるものです。

 

 

運よく、人身事故は起きずに済んでいるようですが、

 

仮に池袋 暴走プリウスと同じ状況(多数の歩行者がいる横断歩道手前で)でその不具合が起きていたら?

 

 

これではいくら「アクセルを踏んでいない!」と言っても・・・

 

 

「どうせアクセルを踏んでたんだろ!」ということに

 

 

されてしまいますね。

 

 

国土交通省の不具合報告ページを閲覧すると、運転者の意図や操作に反して、急発進や急加速した不具合が結構報告されています。

 

国土交通省の不具合報告ページ

http://carinf.mlit.go.jp/jidosha/carinf/opn/index.html

 

 

 

 

 

正面衝突した車から下車、 急発進した自身の車にひかれ男性が死亡

 

https://www.sankei.com/affairs/news/180929/afr1809290012-n1.html

 

2018年9月29日午前8時5分ごろ、千葉県印西市大塚の県道交差点で同県我孫子市都部の坂下顕優(けんゆう)さん(28)の運転する乗用車と60代くらいの女性が運転する軽乗用車が正面衝突した。

県警印西署によると、坂下さんが運転する乗用車は衝突後に前方から歩道に乗り上げ停車した。

 

車から坂下さんが下車すると、無人の車が何らかの原因で後方に急発進し、坂下さんは自身の車に轢かれ、車は後ろにいたトラックに衝突し、再び停車したという。

 

坂下さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。女性は軽傷。トラックを運転していた男性にけがはないという。

 

 

 

電子制御というものは、100%信頼することは出来ないもの

 

 

 

ということを認識しておくことが大事です。

 

 

 

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧型 アルトワークス 中古車 を見る

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.