最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
軽自動車の安全性は現在も最低レベル

発売以来、大絶賛されている新型スズキ ジムニーだが、その一方で・・・

スズキ・ジムニー欧州仕様 ユーロNCAPで3つ星 2018年基準の最低評価

https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180920-10343955-carview/

 

 

新型スズキ・ジムニーユーロNCAP 2018において、5つ星中3つ星にとどまった。2018年基準でテストされたモデルの中で最低の数値だ。

ジムニーが獲得したスコアは、成人搭乗員で73%、児童では84%、歩行者保護は52%、そして運転支援機能については50%であった。これは3つ星評価に該当するものだ。前面オフセット衝突では成人搭乗員の胴体保護が、フロントフルセット衝突では後席乗員の頭部保護が脆弱だとの評価を受けている。

ユーロNCAPの審査員は前者について、「エアバッグの圧力不足により、頭部がステアリングに衝突する可能性がある」と説明している。

 

標準装備されるAEB(衝突被害軽減ブレーキ)は正常に機能しているものの、頭部保護の不足によりむち打ちへの対策が不十分との判定を受けた。

前面オフセット衝突テストにおいては、ドライバーの頸部保護を除く全ての項目において、「十分以下」との判定を受けている。

 

 

A6やトゥアレグは最高評価

一方、ユーロNCAPにおいてアウディA6とフォルクスワーゲン・トゥアレグは5つ星を獲得した。両車はAEBが自転車を検出する機能を備えるなど、歩行者保護性能が高く評価されている。

また、最近テストを受けたフォード・トルネオ・コネクトは4つ星を獲得した。このモデルにはAEBとレーンキープアシストが標準装備されている。

ユーロNCAPのミシェル・ヴァン・ラティンゲン事務局長は、「この最新結果はユーロNCAPのテスト体制の進化と、その難易度の高さを示しています。5つ星の獲得は困難ですが、決して不可能なものではありません」

「各メーカーがAEBを自転車にも対応させるなど、交通弱者の保護に務める姿勢は大いに評価できるものです。ユーロNCAPではすでにこのような機能を備えた6車種をテストしています。これらの運転支援システムは将来的な自動運転技術にも役立つでしょう」

現在のところ、スズキのスポークスマンから本件に関するコメントは得られていない。

 

 

軽自動車は、安全性が低い。

 

 

これは、スズキ ジムニーに限ったことではなく、全ての軽自動車に共通していることです。

 

 

 

最近の軽自動車は安全!などと勘違いしている おバカちゃん も多いですが、軽自動車は、

 

昔は言うまでも無く、

そして今現在」も安全性が低い のは、まったく変わってはいない。

 

衝突テストの成績が良いから安全! などと言うのは、小学生、幼稚園児レベルの発想。

 

事故はテストと同じ条件では起きない。

自車にとって都合のいいサイズや重さの車種がぶつかってくれることなんて無いからね。

 

 

 

乗っていたのが軽自動車じゃなければ、死なずに済んだ被害者が非常に多いのをみればわかるでしょう。

また、特に軽自動車の場合、理不尽な貰い事故で命を落とす例が多いのも、安全性が低いから必然的にそうなります。

 

コンパクトカーまで軽傷、軽自動車だけはペチャンコに潰れて死亡。

 

 

 

相手側が自車にとって都合のいいサイズや重さの車種がぶつかってくれることなんて無いのですから、

 

むしろ、

 

軽自動車には安全性など無い!というくらいの 心構え で運転する

 

のがちょうど良いと思います。

 

 

 

メルセデス ベンツ中古車 50万円〜

 

 

アウディ中古車 50万円〜

 

 

BMW 中古車 50万円〜

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
やはり S660(S07Aターボ) は壊れやすい

先日発売された、自動車DVDで人気のDVDホットバージョン Vol.152

 

 

 

ジャーマンスポーツも楽しみでしたが、昨年に引き続き S660ナンバーワン決定戦 in 筑波が収録されています。

 

 

観てみたら・・・がっかり。

 

やはり去年と比べて、ほとんど進歩(性能向上)していませんねS660は。

spoon S660 エンジンブロー(エンジン破損)

 

 

TOP FUEL S660 エンジンブロー(エンジン破損)

 

トップフューエルが 最初に壊れる のは、予想通りでしたが(^^;)・・・

 

 

意外だったのは、パワー抑えめ、 耐久性重視の方向 でチューニングしていたはず?・・・の

SPOON S660が、あっさりエンジンブローしたことです。

 

言うまでもなく、ホンダ車のエンジンチューニングに関しては、参加中のショップの中では最も経験と知識、ノウハウが豊富なショップさんで、

 

すでに3年も前に、このブログで指摘していましたが、 S07Aターボは耐久性が低い ことを考慮し、

 

SPOONではレブリミットを、ノーマルの7,700回転から7,500回転に変更、200rpm下げていました。

通常、チューニングした場合、回転数を引き上げることが多いレブリミットを、逆にわざわざノーマルよりも下げていました。

 

それだけ 耐久性を重視したチューニング にしていたのです。

 

spoon S660は、パワーも参加車中では最も低く、100ps以下 でした。

それでも壊れてしまった。

 

 

それにしても・・・

 

この程度のレベルで??

 

たった、90〜100ps出てるかどうか程度の?低いチューニングレベルで??

 

こんな短期間(たったの約1年程度)で壊れてしまうとは。

 

このブログで予想した通りになっていますね(^^;)

 

 

 

この手の自動車テストDVD撮影で、テスト参加車輌が複数台エンジンブローって??

 

珍しいと思うと同時に、呆れてしまいました。

 

 

コペンローブは、もう170ps以上なんですよ。

なんか、エンジンのレベルがあまりにも違い過ぎますね。

 

これで ホンダ S07Aターボの強度や耐久性が、ダイハツ KF-VET以下、劣っているということが証明されてしまいましたね。

 

その理由の一つとしてダイハツ KF-VETでは、ピストンとコンロッドの強化で、かなりのハイパワーに対応することが出来ましたが、ホンダ S07Aターボの場合、エンジンブロックの強度も低過ぎるためにそれだけでは足りず、シリンダーブロック、クランクブロックまで強化しなければならない。そこでまたムダなコストがかかってしまい高額になってしまう。

S07Aの強化エンジンがなかなか出ない、100ps程度で伸び悩み、その上が全然出来ない理由もそこにあります。

 

 

 

そー言えば今回、HKSさんが参加していませんでしたね。

てっきりご自慢の水冷インタークーラー付きデモカーで参戦するかと思っていたんですが・・・

また壊れちゃったんですかね(^^;)

 

ただ、あの水冷インタークーラーも、価格が高いだけで大して役に立たない(ほとんど性能向上しない)と思いますよ。

オフ会で 見せびらかして自慢する程度 にしか役に立たないでしょう。

50万円もかけてそんな程度では、ほとんど無意味ですね。

ビジュアル的にはいまいちだったけど(^^;)、ショップ44Gさんのやっていた、はみ出し空冷インタークーラーの方が効率的には理にかなっていたと思います。

 

もうS660は、新しい専用エンジン開発してソレに変更しないと、チューニングではムダに金がかかるだけ のクルマになってしまいますね。

 

 

 

さて、最後にちょっとしたお知らせですが、

今後、このブログのタイトルが「最速の軽自動車!アルトワークス」から、「最速の!?自動車ニュース」に変更になりました。

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧アルトワークス 中古車 を見る

 

 

カプチーノ 中古車 を見る

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
最悪レースコンディションでも

先日の5月13日、大雨のヘヴィ ウェットという、最悪のコンディションでセントラルサーキットで行われたレース。

 

それでもやはり!

 

それぞれの TOP3の速さ は変わらない。

 

カプチーノ、旧アルトワークス、現行アルトワークスのTOP3

映像は2位の旧アルトワークスから。

最終ラップで接触事故。

 

 

コペン/S660クラスは!

 

コペンローブ、旧コペンのTOP3


コペンローブが相変わらず現行車、旧車含めた総合でトップ!

ヘヴィウェットのコースコンディションで、かなり抑えていたペースでも、FF車のコペンローブの速さは変わりませんでした。


 

 

 

2018春 セントラルサーキット 決勝 各車ベストタイム※ヘヴィウェット

 

カプチーノ:1分38秒06

 

旧アルトワークス:1分37秒94

 

 

旧コペン:1分45秒10

 

現行アルトワークス:1分45秒82

 

コペンローブ170ps:1分48秒67

 

 

 

S660 :1分50秒96

 

 

ところで今回、現行アルトワークスが決勝レース中でのベストタイムで、170馬力 コペンローブよりも、速いタイムを出しているのが要注目ポイント!

 

 

ヘヴィウェットというコンディションでしたが、現行アルトワークス170馬力コペンローブを上回るのは凄い!

 

 

しかし・・・

今年もまた、S660が コペンローブのTOPに勝つのは ムリ ですね。

 

 

 

コペン 中古車 を見る

 

 

旧アルトワークス 中古車 を見る

 

 

カプチーノ 中古車 を見る

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
2018年シーズンも?? 現行軽スポーツ最強は

もうすでに確定か??

 

シーズン開幕前の予想通り、

 

現行 軽スポーツカー性能トップは、やはりコペンローブでした。

最強のコペンローブ岡山国際サーキット ラップタイムは、ついに1分50秒台!

 

1分50秒544!

 

これはもう、エンジンの耐久性が現行車より高かった、旧軽スポーツに匹敵する速さです。

 

岡山国際サーキット 軽自動車 2018年最新 総合歴代 ラップタイム

順位 車名 型式 ベストラップ
1 サンダーレーシング スズキ カプチーノ EA11R 1分48秒768
2 Garageれぽ スズキ 旧アルトワークスRS/Z HA21S 1分49秒174
3 Timely スズキ 旧アルトワークスR HB21S 1分50秒319
4 も。ファク ダイハツ コペンローブ(2018年) LA400K 1分50秒544
5 も。ファク ダイハツ 旧コペン L880K 1分50秒700
6

ハイパーシルバー ダイハツ 旧コペン

L880K 1分51秒233
7 も。ファク ダイハツ 旧コペン(2018年) L880K 1分52秒463
8 も。ファク ダイハツ 旧コペン(2018年) L880K 1分52秒469
9 ジアロスポルト 旧アルトワークスRS/Z HA21S 1分52秒689
10 金コペ ダイハツ 旧コペン L880K 1分52秒859
11 Y's parts スズキ 旧アルトワークスRS/X CR22S 1分53秒207
12 テクニカ スズキ 旧アルトワークスRS/Z HA22S 1分53秒210
13 IDI アルトバンターボ(2018年) HA23V 1分53秒213
14 T.T.WORKS スズキ カプチーノ EA11R 1分53秒458
15 AFC Vpro スズキ 旧アルトワークスRS/Z HA22S 1分53秒460
16 ジアロスポルト 旧アルトワークスRS/Z HB21S 1分53秒541
17 下井レーシング ホンダ トゥデイ  JA4 1分53秒457
18 ホンダオート岡山 ホンダ トゥデイ  JA4 1分54秒263
19

スズキ セルボモードSR-4(2018年)

CP31S 1分54秒623
20 Timely スズキ カプチーノ EA11R 1分54秒743
21 スズキ 旧アルトバンターボ(2018年) HA23V 1分54秒798
22 AFC Vpro スズキ ラパンSS HE21S 1分54秒830
23 LASTYWOLF 旧アルトワークス(2018年) HA21S 1分55秒198
24 アクエリアス 旧スズキ アルトバン HA23V 1分55秒635
25 も。ファク ダイハツ コペンローブ(2015年) L400K 1分55秒649
26 GAREGE TAKEUP 旧ダイハツ ムーヴ   L910S 1分55秒877
27 メタルワークス 旧スズキ アルトバン HC11V 1分56秒906
28 Timely スズキ 旧アルトワークス HA21S 1分57秒153
29 Resalt Japn+Flatwell ホンダ S660 (2017年) JW5 1分57秒261
30 メタルワークス 旧スズキ アルトバン HA12V 1分57秒627
- - - -
- - - -

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

 

残念ながら、S6601年前からタイム更新無し、性能アップ無し。

ミッドシップ本格的?スポーツカーなのにタービン交換までやっても、同じホンダのNAエンジン、20年前のFF車 トゥディよりも遅く、コペンローブのような飛躍的な性能アップはありません。

 

今の現行ホンダ ターボエンジンが、昔のホンダエンジンと比べてレベルが低いというのが、はっきりと結果に出ていますね。

逆に昔のホンダエンジンがどれだけ優れていたのか も、これでよくわかるでしょう。

 

 

S660は、タービン交換車のレースエントリーが、年々減る一方で今年の開幕戦は1台もいません。

 

やはりエンジンの耐久性が低く、タービン交換車は、すぐに壊れてしまうのがネックになっていますね。

 

 

今年はHKSさんの デモカー がエントリーしてくれるかと期待していたんですが、やはりムリですか??

 

 

しかし、最近はS660オーナー達が 可哀想 になってきましたね(;^_^A・・・

 

可哀想な理由 と言うのは、

S660のチューニングパーツが、どれも大した効果が無いのに、やたらと高価なものばかり。

 

 

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
コペンローブ、ついに170ps超に!

 

臨時ニュースです。

 

 

5月のシーズン開幕まで、ブログ更新は放置プレイの予定でしたが・・・

 

あまりにも凄いので(;^_^A

 

もうビックリ

 

 

ダイハツ KF-VET
 

 

ダイハツ KF-VET ついに 170馬力オーバー 

名実共に、マイクロスーパーカーになりましたね!

 

 

馬力だけが凄いのではなく、サーキットで速く走れるトータルバランスの良さ。

 

シェイクダウンで、セントラルサーキット1分31秒台!(;^_^A

 

 

 

これでは今年もまた、現行 軽スポーツカーの 動力性能トップ は、

 

コペンローブ・・・で終ってしまいそうですね(;^_^A

 

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

コペン チューング専門店  も。ファク

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.