最速の軽自動車! 旧アルトワークス

現在でも軽自動車で最速のクルマ、旧アルトワークス。そのチューニングやメンテナンス、中古車選びのポイント等、オーナーの視点から書いてるブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
最悪レースコンディションでも

先日の5月13日、大雨のヘヴィ ウェットという、最悪のコンディションでセントラルサーキットで行われたレース。

 

それでもやはり!

 

それぞれの TOP3の速さ は変わらない。

 

カプチーノ、旧アルトワークス、現行アルトワークスのTOP3

映像は2位の旧アルトワークスから。

最終ラップで接触事故。

 

 

コペン/S660クラスは!

 

コペンローブ、旧コペンのTOP3


コペンローブが相変わらず現行車、旧車含めた総合でトップ!

ヘヴィウェットのコースコンディションで、かなり抑えていたペースでも、FF車のコペンローブの速さは変わりませんでした。


 

 

 

2018春 セントラルサーキット 決勝 各車ベストタイム※ヘヴィウェット

 

カプチーノ:1分38秒06

 

旧アルトワークス:1分37秒94

 

 

現行アルトワークス:1分45秒82

 

コペンローブ170ps:1分48秒67

 

旧コペン:1分45秒10

 

S660:1分50秒96

 

 

ところで今回、現行アルトワークスが決勝レース中でのベストタイムで、170馬力 コペンローブよりも、速いタイムを出しているのが要注目ポイント!

 

 

ヘヴィウェットというコンディションでしたが、現行アルトワークス170馬力コペンローブを上回るのは凄い!

 

 

しかし・・・

今年もまた、S660が コペンローブのTOPに勝つのは ムリ ですね。

 

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

旧アルトワークス 中古車を見る

 

 

カプチーノ 中古車 検索結果を見る

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
2018年シーズンも?? 現行軽スポーツ最強は

もうすでに確定か??

 

シーズン開幕前の予想通り、

 

現行 軽スポーツカー性能トップは、やはりコペンローブでした。

最強のコペンローブ岡山国際サーキット ラップタイムは、ついに1分50秒台!

 

1分50秒544!

 

これはもう、エンジンの耐久性が現行車より高かった、旧軽スポーツに匹敵する速さです。

 

岡山国際サーキット 軽自動車 2018年最新 総合歴代 ラップタイム

順位 車名 型式 ベストラップ
1 サンダーレーシング スズキ カプチーノ EA11R 1分48秒768
2 Garageれぽ スズキ 旧アルトワークスRS/Z HA21S 1分49秒174
3 Timely スズキ 旧アルトワークスR HB21S 1分50秒319
4 も。ファク ダイハツ コペンローブ(2018年) LA400K 1分50秒544
5 も。ファク ダイハツ 旧コペン L880K 1分50秒700
6

ハイパーシルバー ダイハツ 旧コペン

L880K 1分51秒233
7 も。ファク ダイハツ 旧コペン(2018年) L880K 1分52秒463
8 も。ファク ダイハツ 旧コペン(2018年) L880K 1分52秒469
9 ジアロスポルト 旧アルトワークスRS/Z HA21S 1分52秒689
10 金コペ ダイハツ 旧コペン L880K 1分52秒859
11 Y's parts スズキ 旧アルトワークスRS/X CR22S 1分53秒207
12 テクニカ スズキ 旧アルトワークスRS/Z HA22S 1分53秒210
13 IDI アルトバンターボ(2018年) HA23V 1分53秒213
14 T.T.WORKS スズキ カプチーノ EA11R 1分53秒458
15 AFC Vpro スズキ 旧アルトワークスRS/Z HA22S 1分53秒460
16 ジアロスポルト 旧アルトワークスRS/Z HB21S 1分53秒541
17 下井レーシング ホンダ トゥデイ  JA4 1分53秒457
18 ホンダオート岡山 ホンダ トゥデイ  JA4 1分54秒263
19

スズキ セルボモードSR-4(2018年)

CP31S 1分54秒623
20 Timely スズキ カプチーノ EA11R 1分54秒743
21 スズキ 旧アルトバンターボ(2018年) HA23V 1分54秒798
22 AFC Vpro スズキ ラパンSS HE21S 1分54秒830
23 LASTYWOLF 旧アルトワークス(2018年) HA21S 1分55秒198
24 アクエリアス 旧スズキ アルトバン HA23V 1分55秒635
25 も。ファク ダイハツ コペンローブ(2015年) L400K 1分55秒649
26 GAREGE TAKEUP 旧ダイハツ ムーヴ   L910S 1分55秒877
27 メタルワークス 旧スズキ アルトバン HC11V 1分56秒906
28 Timely スズキ 旧アルトワークス HA21S 1分57秒153
29 Resalt Japn+Flatwell ホンダ S660 (2017年) JW5 1分57秒261
30 メタルワークス 旧スズキ アルトバン HA12V 1分57秒627
- - - -
- - - -

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

 

残念ながら、S6601年前からタイム更新無し、性能アップ無し。

ミッドシップ本格的?スポーツカーなのにタービン交換までやっても、同じホンダのNAエンジン、20年前のFF車 トゥディよりも遅く、コペンローブのような飛躍的な性能アップはありません。

 

今の現行ホンダ ターボエンジンが、昔のホンダエンジンと比べてレベルが低いというのが、はっきりと結果に出ていますね。

逆に昔のホンダエンジンがどれだけ優れていたのか も、これでよくわかるでしょう。

 

 

S660は、タービン交換車のレースエントリーが、年々減る一方で今年の開幕戦は1台もいません。

 

やはりエンジンの耐久性が低く、タービン交換車は、すぐに壊れてしまうのがネックになっていますね。

 

 

今年はHKSさんの デモカー がエントリーしてくれるかと期待していたんですが、やはりムリですか??

 

 

しかし、最近はS660オーナー達が 可哀想 になってきましたね(;^_^A・・・

 

可哀想な理由 と言うのは、

S660のチューニングパーツが、どれも大した効果が無いのに、やたらと高価なものばかり。

 

 

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
やはり ホンダエンジン はダメだった(T-T)

 

臨時ニュース その2 です。

 

 

F1レースが開幕、第1戦オーストラリアGPの結果ですが、

 

ホンダと別れたマクラーレンは5位、9位のダブル入賞。

 

【決勝レポート】ベッテルが2年連続で開幕戦勝利 ハースに悔しいピット作業ミス・・・

ホンダ最下位/F1オーストラリアGP

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000012-fliv-moto

 

■決勝トップ10ドライバー(暫定)

優勝/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位/ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
3位/キミ・ライコネン(フェラーリ)
4位/ダニエル・リカルド(レッドブル)
5位/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
6位/マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
7位/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
8位/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
9位/ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
10位/カルロス・サインツ(ルノー)

 

 

年間王者に2回輝いているマクラーレン(McLaren)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)は、レッドブルのマックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)を上回る5位でフィニッシュした。

 

アロンソは無線で

 

「みんな良くやってくれた。誇りに思うよ。

 

長い冬の季節が続いたけど、やっと僕らは戦える。

 

戦えるんだ」

 

とチームの健闘をたたえていた。

 

 

 

 

 

 

そしてホンダと組んだトロロッソは、エンジントラブルリタイアと最下位。

 

マクラーレンの言い分、決断は正しかった ということが、これでほぼ証明されてしまいました。

 

【ホンダF1】「MGU-Hに問題・・・日本で分析・対策する。休むことなく次戦の準備を」

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180325-00000014-fliv-moto

 

■トロロッソ・ホンダの結果
ブレンドン・ハートレー:16番手スタート、決勝15位完走
ピエール・ガスリー:20番手スタート、決勝リタイア

 

■田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター)

「ガスリーがMGU-Hの問題により、14周目でリタイアする形になったことは非常に残念です。

これからさくらのファクトリーにて詳細を分析し、第2戦に向けて再発防止のための対策を打ちたいと考えています。

ハートレーについてはスタート直後にタイヤにフラットスポットを作ったため、ピットインせざるを得ませんでした。粘り強い走りを続けてくれましたが、残念ながら前を走るマシンを捉えるには至りませんでした。

非常に厳しいシーズン幕開けになってしまいましたが、前を向いて戦うしかありません。休むことなく、チームと一緒に次戦に向けた準備を進めます」。

 

予選、決勝ともに周回ペースが他車よりかなり遅い。

 

レース後に示されたデータによれば、全部で10チームあるF1チームのうち、

昨年のオーストラリアGP決勝での平均タイムよりも劣っていたのは

 

トロロッソ・ホンダだけだった ことが明らかとなっている。

 

今までのマクラーレンと全く同じ。これでは今年も期待出来ないですね。

 

終了後のホンダのコメントですが、コメントに登場する人物の名前が変わっただけで、言ってることは1年前、2年前とまったく変わっていません。

 

 

 

 

4年経っても、まったく進歩していない変わっていない!?

 

 

 

4輪レース スポーツの 頂点 であるF1レースと、

 

そして 底辺 である軽自動車スポーツカーのレース。

 

これらがまったく 同じ状況 になっていますね。

 

 

毎年、飛躍的に進歩して性能アップ!速くなっていくFFスポーツカー ダイハツ コペンローブ

トップのチューニングカーは、ついに170馬力以上に到達。

パワーだけでなく、ラップタイムの速さは頑丈なエンジンでハイパワーを誇った、旧世代の軽スポーツ勢に迫るところまで来てしまった。

トータルバランスの優れたマイクロスーパーカーになりました。

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

FFのH36 アルトワークスも、ほぼ全てのサーキットで先発のS660を上回る成績。

 

 

アルトワークスは登場後、僅か半年/6ヶ月という短期間で先行発売されていた、本格的スポーツカー???のS660をあっさり破り動力性能ではコペンローブに次いでセカンドポジション。

上の動画でもわかるように、もうS660はアルトワークスにも敵わなくなってしまいましたね。

車重の軽さが最大の武器、ミッドシップスポーツすら敵わないハイトセダン??

 

 

アルトワークス 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

4年経っても、ほとんど進歩しない、性能アップ出来ない、ホンダ S660

年間開催されるK-CARのスプリントレースシリーズでは、コペンローブでトップのレースカーに、この3年間で1度も勝つことが出来ませんでした。

2年前にタービン交換チューニングが可能になったが、その後の性能アップは無し。

 

そればかりか、タービン交換車とブーストアップ車の性能差があまり無いという、非常に珍しいクルマ。

こちらは昨年、2017年シーズンのレース映像です。

S660タービン交換車の車載映像、そのすぐ後ろを走行しているのは同じS660ブーストアップ車ですが、チューニングレベルが違うのにも関わらず、性能差が?たいしてありませんね?ペースがほとんど一緒です。

おまけに出来るだけパワーを出すために、ハイブーストをかけていたタービン交換車は、たったの1周目で壊れてしまいました。

そこまでやっても?ブーストアップ仕様のクルマとたいして変わらない性能しかない。

 

 

お金をかけても速くならない。ダメな原因は、F1とまったく同じ。

 

エンジンの性能が低過ぎる。

 

ハイトワゴン専用設計のエンジンを、そのまんまミッドシップスポーツカーに載せたのが大間違いの元です。

 

スポーツカーにすら、回らないエンジンを載せるようになってしまったホンダ。これではダメ。

 

 

高回転を忘れたホンダでは、もうF1では勝てない。

 

 

高回転を忘れたホンダでは、軽スポーツでも勝てない。

 

 

 

そしてかくいう、この私も、元 DC5 インテグラ タイプRのオーナーでしたが、

ホ〜ント最近のホンダには、もうがっかりするばかりです。

 

 

 

本田技術研究所のみなさん、ほぼ毎日のご訪問、ありがとうございます(^^)

 

 

走行性能、運動性能を最優先するためのパッケージであるはずのミッドシップ。

 

サーキット走行では最も有利なパッケージであるはずのミッドシップ。

 

 

それが??

 

真逆のパッケージである FF車に勝てないって??

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
コペンローブ、ついに170ps超に!

 

臨時ニュースです。

 

 

5月のシーズン開幕まで、ブログ更新は放置プレイの予定でしたが・・・

 

あまりにも凄いので(;^_^A

 

もうビックリ

 

 

ダイハツ KF-VET
 

 

ダイハツ KF-VET ついに 170馬力オーバー 

名実共に、マイクロスーパーカーになりましたね!

 

 

馬力だけが凄いのではなく、サーキットで速く走れるトータルバランスの良さ。

 

シェイクダウンで、セントラルサーキット1分31秒台!(;^_^A

 

 

 

これでは今年もまた、現行 軽スポーツカーの 動力性能トップ は、

 

コペンローブ・・・で終ってしまいそうですね(;^_^A

 

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

コペン チューング専門店  も。ファク

 

 

 

役に立った、面白かったと思ったらクリックお願い致します。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ 軽自動車へ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:車/バイク
 
ホンダ S07B エンジン

ついに出ましたね!

 

新型N-BOX

 

 

やはり要注目は新設計S07B エンジン

 

S07B NAエンジン

 

一見、型式名の末尾がBに変わっただけのように見えますが、ボアXストローク共に異なるので、同系列のエンジンではなく、S07Aとは全く違う新しいエンジンです。

 

続きを読む >>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.