最速の軽自動車! 旧アルトワークス

現在でも軽自動車で最速のクルマ、旧アルトワークス。そのチューニングやメンテナンス、中古車選びのポイント等、オーナーの視点から書いてるブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
ミッドシップ軽カーベース!究極の・・・

レーシングカー!

 

 

と言っても・・・

 

 

ベースになったクルマは、S660ではありません。

 

 

続きを読む >>
本格的チューニング可能な軽カー5 スズキ ラパンSS
本格的チューニング可能な軽カー5回目は、スズキ ラパンSS です。

アルト ラパンSSについては、下記のオーナーさんサイトでチューニングまで含めた詳しい解説がありますので、興味を持った方はご覧になって下さい。
オーナーさん曰く、高速道路 登坂車線での力強さは、以前乗っていたホンダ オデッセイ V6 3リッター車と同等だそうです。

日本の名車 スズキ アルトラパンSS

http://www.stnv.net/mei/lapinSS.htm

5年間しか作られなかったラパンのスポーツモデル。
800kgの車重に10.8kgm /3500rpmの最大トルクは当時の1.3リットルクラスの乗用車より高性能だった。
そして、カタログの64馬力は、あくまで役所向けの数字だった。



そしてつい最近、なんとこのスズキ ラパンSSの”タービンキット”が、新たにKCテクニカより発売されました!

ラパン自体は一応?現行車種ですが、ラパンSSはすでに生産されていませんので、絶版車のタービンキットが発売されるのは非常に珍しいことですね。
 
続きを読む >>
本格的チューニング可能な軽カー4 スズキ アルトバン
本格的チューニング可能な軽カー4回目は、スズキ アルトバンです。

ここ2〜3年の間に発売された新規格の軽自動車は、年々チューニングしずらいクルマばかりになっていて、その代表例としてノーマル状態では高性能と思われているホンダ Nシリーズが、チューニングはほとんど出来ないと書いてきました。

しかし、視点を他社の新規格 軽自動車に変えてみてみると、面白いことにチューニングが可能な車種も僅かながら存在しています。

2000〜2003年8月までに生産されていた、スズキ アルトバン(HA23V)です。 
このクルマ、ドノーマルでは何の変哲もない商用車のバンですが、元々搭載されているエンジンがNAのF6AやK6Aエンジンのため、それを単純にK6Aターボエンジンに載せ換えるだけで大幅に性能アップさせることが可能です。
 
続きを読む >>
本格的チューニング可能な軽カー3 スズキ ワゴンR /スティングレー /セルボ
本格的チューニング可能な軽カー3回目は、スズキ ワゴンR /スティングレー /セルボです。

ここ2〜3年の間に発売された新規格の軽自動車は、年々チューニングしずらいクルマばかりになっていて、その代表例としてノーマル状態では高性能と思われているホンダ Nシリーズが、チューニングはほとんど出来ないと書いてきました。

しかし、視点を他社の現行 軽自動車に変えてみてみると、面白いことにチューニングが可能な車種も僅かながら存在しています。

2008〜2012年8月までに生産されていたワゴンR系やセルボSターボ車です。 (※現行のR06Aエンジン車は不可

搭載されているエンジンが、軽自動車の中でもポテンシャルの高い名機K6Aターボエンジンだけあって、上記の年式のワゴンR系はパワーアップチューンが楽しめるクルマです。
 
続きを読む >>
本格的チューニング可能な軽カー2 ダイハツ エッセ
本格的チューニング可能な軽カー2回目は、ダイハツ エッセです。

そのほとんどの車種が、省燃費思考で設計されパッケージングされている現行 軽自動車ですが、これまではノーマル状態では高性能と思われているホンダ Nシリーズを比較対象にして、チューニングはほとんど出来ないと書いてきました。

しかし、視点を他社の現行 軽自動車に変えてみてみると、面白いことにチューニングが可能な車種も僅かながら存在しています。
 
続きを読む >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.