最速の!?自動車ニュース

自動車業界のいろいろなニュースの中から、独断で役に立つ情報や、面白いモノなどを紹介していきます。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
雪道から!サーキット走行までOK!なスーパータイヤ DWS06 その2

来週は東日本は雪が続く予報!

ようやく?雪道での性能が体感出来るのか!?楽しみになってきました!

 

オールシーズンタイヤの中でも最高峰??のカテゴリー。

 

 

ウルトラ ハイパフォーマンス オールシーズンタイヤ

 

コンチネンタル エクストリームコンタクト DWS06、先週末、セカンドカーにも履かせて来ました!

 

ちなみにこのサイズがこのタイヤに設定があるサイズの中で最小(195幅で16インチ 50扁平)になります。

なので残念ながら軽自動車用は設定が無い感じですね。

コンパクトカー以上から対応可能なサイズバリエーションとなっています。

 

ただし、このタイヤはインチが大きいほど割安な価格設定になっているため、この16インチは価格的には割高なサイズとなってしまいます(^^;

(それでも他のスタッドレス、オールシーズンタイヤよりも価格は安い)

 

18〜20インチまでが割安な価格設定(1本、13,000~18,000円)になっていますので、その辺りのサイズを履いている車種にはかなりお薦めです。

 

 

予想通り、去年試しに履いてみたピレリのオールシーズンタイヤよりも、ドライグリップ、コーナリング時の安定性、タイヤ剛性とも上回っていました。

 

 

ドライ、ウェットのグリップ性能レベルは、コンフォートタイヤやエコタイヤを上回り

 

それでいて!?

 

このような状況(^^; 50僂寮兩磴任眩れる。

 

それが、ウルトラ ハイパフォーマンス オールシーズンタイヤと言われるゆえんですね。

 

 

コルベットC7で雪上走行

 

 

ポルシェ カイエンでのあらゆる路面状況での走行のレビュー

ポルシェ カイエンターボで、雪道、アイスバーン、ウェット、ドライ全てでテストしています。

 

 

 

 

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

積雪50センチの雪道から!サーキット走行までOK!なタイヤ DWS06

というわけで!

 

昨年の夏から、タイヤばっかり買い替えてます(^^;

 

昨年10月にセカンドカー用にピレリのオールシーズンタイヤを買ってみましたが、いまいち気に入らず。。。

 

結局メインカーにも履かせていた、コンチネンタル エクストリームコンタクトDWS06を、セカンドカー用にまた購入してしまいました(^^;

 

明日、また履き替えます。

 

 

コンパクトカー用なので、サイズは195/50ZR16です。

 

このタイヤの強みは、オールシーズンタイヤながら、スポーツ走行までカバー出来るところ。

 

ちなみに去年買ってみた、ピレリのオールシーズンタイヤと比較すると、サイドウォールの剛性が全く違います。

まるでランフラットタイヤみたいに固いです。

 

 

 

 

 

以下はBMW5シリーズ ユーザーコンチネンタル エクストリームコンタクトDWS06 レビューです。

 

3年目レビューです。
このタイヤは、ちょうど2年前の車検時に交換したので、新品の状態から丸2年が経ち、2万km程走行しています。この状態で、どれだけ雪上性能を維持しているか、が今回のテストの目的です。
ちなみに、見た目上は、まだまだ溝が残っており、7分ぐらいは残っている感じでした。耐摩耗性もバッチリであることが証明できます。

さて、今回テストしたのは、岐阜県は揖斐川町の雪深い国道303号線です。
1月14日は、日本海側を中心に大雪となり、岐阜県にもかなりの雪が降り、テストした揖斐川町藤橋付近の積雪は50センチ程でした。

 

気温は−1.5℃。路面積雪という状況でのテストです。

結論としては、丸2年、2万キロ以上走行しても、雪上性能は新品の時と比べて、それほど落ちておらず(感覚的には8〜9割ぐらいは維持しているイメージ)、問題なく走行できます。これには驚きでした。停止時から発進する際は、一瞬だけ空転することはありますが、安全に停止できますし、コーナーリングもスピードさえ出しすぎていなければ普通に走れます。私は終始40〜50km/hぐらいで走行していました。

藤橋の道の駅に着くと、サマータイヤのクラウンアスリートが居り、完全にスタックしており、スタッドレスを履いた仲間の軽自動車に牽引されてやっと動ける状態でしたので、違いが凄く分かりましたよ(笑)

 

 

今回はドライ性能とサーキットでの限界走行時のレビューを書きたいと思います。

結論から言うと、サーキットの限界走行(コーナーでタイヤがガンガン鳴き、若干ドリフトが掛かるような状態)でも、問題ないパフォーマンスで安心感があり、かなり使えました。
NANKANGのSN-2 アジアンスポーツタイヤなどと比較すると、まるで月とすっぽんです。
高速コーナーではタイヤが鳴きつつもしっかり踏ん張ってくれますし、トラクションも充分で、タイムも、2秒以上も短縮できました。

 

 

このように、50センチもの積雪路から、サーキットでのスポーツ走行まで対応可能なタイヤは、これだけでしょう!

 

一番のメリットは、スタッドレスが苦手なドライ&ウェットの性能が高いことです。

 

 

 

https://store.shopping.yahoo.co.jp/e-carts/dws061108.html

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

あおり運転! 即免許取り消し!

非常にいい決定だと思います!

 

道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191206-00000010-mai-soci

 

警察庁は、道路交通法に「あおり運転」を新たに規定し、事故を起こさなくても即座に免許取り消し処分とする方針を固めた。6日の自民党の交通安全対策特別委員会で検討案を説明した。来年の通常国会での法改正を目指す。厳罰化も図り、悪質ドライバーの排除を目指すとしている。

 

 

検討案によると、あおり運転を

 

「他の車の通行を妨害する目的で、一定の違反(過度に車間距離を詰めたり、急に進路を変更したりすることなどを想定)により交通の危険を生じさせる恐れのある場合」

 

と規定し、違反した場合は罰則を設ける。「高速道路上(一般道を含む)で他の車を停止させるなど、著しく交通の危険を生じさせた場合」は、さらに重い罰則を科す。

罰則は検討中だが、現在の取り締まりで適用されている刑法の暴行罪の「2年以下の懲役または30万円以下の罰金」などとのバランスを考慮して定める方針。行政処分は、違反点数を即座に免許取り消しになる「15点以上」とし、免許を再取得できない欠格期間を1年以上は設けたい考えだ。

警察はこれまで、道交法の車間距離保持義務違反や相手への暴力行為があるとして暴行罪などを活用してあおり運転を摘発してきた。社会的関心の高まりを受けて取り締まりが強化された2018年の車間距離保持義務違反は1万3025件と前年の約1・8倍に達し、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷の妨害目的運転)25件、暴行24件、傷害4件などに上った。今年1〜10月の車間距離保持義務違反は1万2377件に達する。

しかし、主に適用されている車間距離保持義務違反の罰則は、高速道路の場合で「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」で、違反点数も2点にとどまる。政府与党からは「悪質なあおり運転を想定していない現行法による取り締まりには限界がある」として法整備や厳罰化を求める声があり、警察庁が海外の法制度も参考にしながら検討を続けていた。【佐々木洋】

 

 

 

しかし、懸念されることは、逆煽り運転のケース。

 

故意に制限速度を下回る速度で走り、後車を挑発する行為。

 

 

ですが、改正案の,痢

 

通行妨害目的で、一定の違反により・・・

 

文言の通行妨害目的

 

に当たるかどうかですが、ぜひ改正案に下記の文言、

 

 

故意に制限速度を下回る速度で走り、

 

 

後車の通行妨害をする行為。

 

 

こちらもあおり運転の定義の改正案に盛り込んで欲しいものです(笑)

 

 

 

 

オールシーズンタイヤ

ミシュラン クロスクライメート+

 

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

激安タイヤ販売「オートウェイ」社長ら3人逮捕

こちらもついに!って感じだね。

 

粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000036-mai-soci

 

 

安全基準を満たしていると偽って粗悪なタイヤホイールを販売したとして、愛知県警は13日、カー用品販売大手「オートウェイ」(福岡県苅田町)の社長、倉元進容疑者(58)と仕入れ担当の男ら計3人を不正競争防止法違反(誤認惹起(じゃっき))容疑で逮捕した。いずれも容疑を否認しているという。

 

 

捜査関係者によると、オートウェイは、国土交通省が定める安全基準を満たしている場合にのみ付けられる

 

「JWL」マークを偽装表示した低品質なホイール

 

中国などから安価で輸入し、通販サイトで顧客に販売していたとみられる。

JWLは、製造者がホイールの耐久性や強度などの試験を行い、国交省が定める品質や性能基準をクリアしたホイールにのみ付けられるマーク。オートウェイが販売していた海外製の一部ホイールを鑑定した結果、基準不足であることが確認されたという。

県警は2月、人気ホイールメーカー「BBS」の偽造品をインターネットで販売したなどとして会社員の男を商標法違反の疑いで逮捕。男が販売していたホイールがオートウェイで購入されたものであったことが判明し、関連を調べていた。

オートウェイは1969年設立で、東証1部上場の自動車情報誌大手「プロトコーポレーション」の完全子会社。「国内最大級の輸入タイヤとホイールのメガモール」をうたって有名芸能人をCMキャラクターに用い、愛知県や北海道など全国4カ所に倉庫を置いてネット販売を展開している。【高井瞳】

 

 

 

上記の低品質な商品は、ホイールのみならず、

 

 

タイヤも同様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

アジアンタイヤ、韓国や台湾製は多少マシなものの、

 

中国製自動車部品(タイヤ)は、

 

相変わらず品質がまったく信用出来ないと言えます。

 

 

 

また、ごく一部の日本の自動車メーカーで、相変わらず信頼できない 中国製の純正部品を使用しているメーカーがある ことは非常残念です。

 

 

近年、日本車の不具合や欠陥が大幅に増えたのも、品質の低い、海外製部品の使用が原因です。

 

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ついにヨコハマタイヤも参入!!オールシーズンタイヤ

このブログでも、昨年記事で紹介して以来、アクセス数が非常に多い記事になっています!

 

 

オールシーズンタイヤ

 

 

ですが、ついに横浜ゴムも参入!してきました。

オールシーズンタイヤとしては最後発。

果たしてその性能は??

横浜ゴム、乗用車用オールシーズンタイヤ『BluEarth-4S AW21』を2020年1月より発売

https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20191024-10458957-carview/

 

 

横浜ゴムは、乗用車用オールシーズンタイヤ『BluEarth-4S AW21』を2020年1月9日より本格販売を開始する。

オールシーズンタイヤは、ドライ・ウェット路面から雪道まで四季を通じて様々な路面状況に対応し、気温に左右されない走行が可能。

 

一年を通じて使用できるため、突然の降雪にも対応できるほか、シーズン毎のタイヤ交換が不要になるため利便性が向上する。

 

BluEarth-4S AW21は優れた雪上性能とウェット性能を両立するとともに、ドライ性能および耐摩耗性能を確保している。センター部から左右斜め方向に広がるV字ダイバージェントグルーブの方向性パターンを取り入れることでウェット路面での排水性を高めているほか、交差するクロスグルーブが雪上性能に貢献。また、接地面積の確保に有効な幅広トレッドや大型ショルダーブロックによってドライ路面でのパフォーマンスが向上し、操縦安定性を高めている。

コンパウンドには、シリカを配合しウェット性能を向上させているほか、末端変性ポリマーの配合により雪上性能およびウェット性能を向上。サイドウォールには国際基準で定められたシビアスノータイヤ条件に適合した証である「スノーフレークマーク」が打刻されており、チェーン規制時でも走行可能なタイヤとして認められている。

発売サイズは225/55R19 99V〜175/65R14 82Tの19サイズで、価格はオープン。

 

 

 

オールシーズンタイヤのトレッドパターンは、どのメーカーもかなり個性的なグルーピング(溝)デザインですが、このヨコハマ製オールシーズンタイヤは見た感じ、グッドイヤーのベクター フォーシーズンにとても似ていますね(^^;

 

オールシーズンタイヤのメリットは、サマータイヤと遜色ないドライ、ウェット性能に!

 

雪道(スノー)も走れる性能をプラスしたことです。

 

 

年間で数日〜一週間程度の積雪程度ならば充分対応できるので!

それに該当する地域にお住まいであれば、雪道以外は妥協した性能しかないスタッドレスタイヤに履き替えるより、

オールシーズンタイヤの方がメリットが多くなります!

 

 

私も昨年末、オールシーズンタイヤを購入し履かせましたが、今年は雪がほとんど降らなかったので雪上性能はまだ試せず(^^;

コンチネンタル エクストリーム コンタクトDWS06です。

 

 

その後、低燃費スポーツタイヤに履き替えてしまいましたが(汗。。。

12月にまたこのタイヤに履き替える予定です。。。ってオールシーズンの意味ないですね(^^;

 

 

このヨコハマの前にオールシーズンタイヤ市場に参入したミシュランタイヤですが、最近はサイズによっては価格が落ちてきて買いやすくなってきています。

ミシュラン クロスクライメート+

 

 

地域によっては、スタッドレスタイヤよりもメリットが多いオールシーズンタイヤ。

これから急速に普及が進むと思われます。

 

実は私も昨日、セカンドカー用にまた 別の オールシーズンタイヤを購入してしまいました(^^;

 

今度はピレリのオールシーズンタイヤにしてみました。

 

 

面白かったと思ったら!クリックお願いします。

にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.