最速の軽自動車! 旧アルトワークス

現在でも軽自動車で最速のクルマ、旧アルトワークス。そのチューニングやメンテナンス、中古車選びのポイント等、オーナーの視点から書いてるブログです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
2017年 9月 スパ西浦 アルトワークス、S660に圧勝。

軽自動車ベースのチューニングカーでは、

2017年 秋 現在 でもトップクラスの 旧型 コペン

 

59秒台

 

 

 

そして、同じく現行 軽自動車では、最速のコペンローブ。

2017年1月の時点で、早くもすでに1分01秒台

 

コペンローブは、もう約3年、現行 軽自動車 最強を維持していますね。

ダイハツ KF-VETエンジンの潜在能力の高さはかなり意外でした。

 

 

コペン専門店 も。ファク

http://www.mo-fac.com/

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

 

そして、ミッドシップ本格的??スポーツカーなのに?

何故か??  FF車 に勝てない S660

2017年6月の時点になっても、まだ1分04秒台。

 

やっぱり残念ながらまだまだ 遅い ですね。

 

 

 

ちなみに、ハイトワゴン現行アルトワークスですが・・・

 

なーんと! 

もう!S660と同じ1分04秒台を出してしまいました。

車幅より車高が高いハイトワゴンに該当するのに、ミッドシップスポーツカーと同等とは!凄い(;^_^A

 

今回のスパ西浦のレースでは、先日の筑波サーキット2000のレースと同様、またしても現行アルトワークスS660を上回り、破ってしまいました。

 

 

現行アルトワークス、S660との タービン交換車同士では、

アルトワークスがS660を10周で  約12秒 も引き離し、 圧勝しています。

 

 

KCテクニカ

http://www.kc-technica.com/top.html

 

 

アルトワークス 中古車 検索結果を見る

 

 

 

           速い ------------ 遅い

FF スポーツカー FF ハイトワゴン  ミッドシップ”本格的?”スポーツカー

 

 

世界的に見ても、かなり珍しい事例です。

サーキット走行においては、一番有利なミッドシップスポーツカーが、FFスポーツとFFハイトワゴンより 遅い なんて。

 

それにしても、3年近くも経っているのに、未だにコペンローブを超えることが出来ないばかりか、半年以上も後に発売された、ハイトワゴンの現行アルトワークスにも、速さで追い抜かれてしまうようでは、S660のミッドシップはまったく意味が無いですね。

本来は優れた走行性能、動力性能を得るためのミッドシップのはずですが、S660のそれはFF車に歯が立たない、敵わない。

 

走行性能、動力性能に貢献しない、ほとんどプラスにならないミッドシップに、いったい何の意味があるのでしょうか??

 

ちなみに昨シーズンからS660は、ほとんどの全てのレースで現行アルトワークスに負けています。

半年も後に発売された、現行アルトワークスに ”チューニング後の性能でも” 劣っているというのは、はっきり言って非常に情けない

 

 

ミッドシップの本格的スポーツカーが 一番遅い なんてダメでしょ。 ホンダさん。

 

 

 

 

 

おまけ映像

しかし、HKSタービン付けてからまだ1年も経ってないのにタービンブローって(^^;)・・・

 

早くない? 壊れるの。

 

 

上記、S660破損したタービンの現物がこちら。(上動画のS660から取り外したもの)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ホンダ S07B エンジン

ついに出ましたね!

 

新型N-BOX

 

 

やはり要注目は新設計S07B エンジン

 

S07B NAエンジン

 

一見、型式名の末尾がBに変わっただけのように見えますが、ボアXストローク共に異なるので、同系列のエンジンではなく、S07Aとは全く違う新しいエンジンです。

 

 

しかし、S07Aは 超短命 なエンジンでしたね。

 

私的に、S07Aはホンダ史上、最低のエンジン だったと思います。

 

こんなに早く 世代交代 してしまったのは、やはりホンダ自身もそれを自覚していたんでしょう(笑)

 

たったの6年という短期間でのエンジン変更は、S07Aではダメな、都合が悪いことがあったからということですね。

 

S07Aは、改良して  使い続ける価値の無い エンジン ということです。

 

 

 

 

https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170831-10271606-carview/?mode=full

 

 

 

そのエンジン型式は「S07B」。従来型が搭載していたエンジンは「S07A」ですから末尾のアルファベットが変わっただけの進化版に見えますが、ボア×ストロークも変わっているほどの大幅進化を遂げています。

比較すると、従来型のボア×ストロークが64.0mm×68.2mmだったのに対して、新型エンジンは60.0mm×77.6mmと超ロングストロークになっているのです。

しかし、ポイントはストロークを伸ばしたことよりもボアを小径化したこと。燃焼室の表面積を小さくすることで冷却損失を低減するほか、スパークプラグから燃焼室の端までの距離を短くすることで耐ノッキング性能も高めることが期待できます。

さらにロングストローク化するということは、同じ回転数におけるピストンの往復スピードが高くなるわけですが、それを利用してシリンダー内に強いタンブル(縦うず)を生み出すことで急速燃焼を促進するというのも、ホンダらしいところ。

ロングストロークだからといってパワーを諦めるわけではありません。その証拠に、軽自動車のNA(自然吸気)エンジンとしてはトップクラスの58馬力(43kW)の最高出力を7300rpmという高回転で発生しているのです。

そして、新型N-BOXの新しいパワーユニットが、高回転型ハイパワーエンジンに仕上がっているのには、ホンダ独自の伝統的な技術が投入されています。それが吸気側に与えられた「VTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)」。

意外ながら軽自動車には初採用となったVTECを採用したことで、4000rpmから上のトルクを太らせ、5000rpm以上でのパワーを増しています。

さらに吸気側カムにはVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)も併用することで、スムースでパワフルな走りと燃費性能を両立させているというセールスポイントも期待を高めます。

唯一、エンジンのヘッドカバーなどに「VTEC」の文字が入っていないのは残念なところ(?)ですが、軽自動車初のVTECエンジンは新型N-BOXにおける新しい価値のひとつといえるのではないでしょうか。

 

 

こちらはS07B NAエンジンの性能曲線。

従来のS07Aよりも、さらにストロークが長くなって超ロングストロークなのに、S07Aよりも高回転が利くようになっているのは面白いですね。

 

個人的には、いっそのこと、

 

NAエンジン、そして現代の技術でまた64psにチャレンジ!

 

して欲しいところ。

技術的には簡単でしょう??ホンダさん

 

まあやらないでしょうけど(^^;)

今のホンダは、スポーツカーにさえ、回らないエンジンを載せてしまうようなメーカーになってしまいましたからね。

 

本田宗一郎氏がいたら、きっとやってくれたんでしょうが。

 

ミニバンやハイトワゴンは、回んないエンジンでもいいでしょうが、スポーツカーにもそんなものを使うようではダメですね。

 

 

 

S07B ターボエンジンに関しては、電動ウェイストゲート以外、今のところ情報無し。

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

アジアンタイヤ・・・

ちょっとネットで恐ろしいものを見つけてしまいました。

 

 

交換してまだ2ヶ月ほどのタイヤの画像ですが。

トレッドが剥がれてきてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイドウォール内側から剥離。

外部からはまったくわからないので、高速道路で 突然何かが 起きるかも(;^_^A

 

 

これ、ZR規格のタイヤですよ。

 

 

最近、アジアンタイヤの品質が上がった??かも??・・・

 

な話を見たり聞いたりしますが、やっぱり価格が 安過ぎる のは問題があるということですね。

 

 

 

 

 

間違いないのは、やはりモータースポーツで実績のあるタイヤメーカーの製品。

 

でも、ヨーロッパのトップメーカーのひとつだったピレリタイヤは近年、中国系企業の国有化学大手、中国化工集団に買収され、傘下となってしまいましたがどうなんですかね。

 

 

ピレリ製軽自動車用のタイヤでは、ピレリ ドラゴンがありますが、価格的には安物の部類に入ります。

ピレリ ドラゴン

 

 

やっぱりタイヤはメイドインジャパンが一番??ですね。

 

今はダンロップ ディレッツア履いてますが、次はブリヂストン アドレナリン辺り使ってみようかなと検討中。

通勤快速用途には、このクラスで充分すぎるほどの性能があります。

 

 

関連記事

 

タイヤ/ホイール交換

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

軽自動車の雑学 | 21:31 | - | - | - |
怖いデスねぇ・・・

 

サーキットでの横転事故。

 

 

サーキットでの横転事故自体は、

 

別に珍しいことではありません

 

 

 

 

驚いたのは、

 

Aピラーが、酷く折れ曲がってしまったこと。

 

 

 

 

私もサーキット走行していた頃は、結構、サンドトラップで横転したクルマをみたことがありますが、ここまでAピラーが折れ曲がるのは初めてみました。

 

 

 

 

今回、このドライバーさんは運が良かった・・・

 

 

運が悪ければ、首の骨 折って 死んでます。

 

 

 

 

競技車両では言うまでも無く、ロールバーが義務付けされていますが、一般の体験走行等でも、

 

 

車種によっては、必ず付けたほうがよいと・・

 

痛感させられる事故ですね。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

ミッドシップ

これ欲しいなー!

ルノー クリオ V6 フェーズ1

 

 

 

 

 

 

ここにエンジンが

載っとる。

 

 

 

 

ゴルフRの売却金に少し足せば買えそうやな。。。。

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.