最速の軽自動車! 旧アルトワークス

現在でも軽自動車で最速のクルマ、旧アルトワークス。そのチューニングやメンテナンス、中古車選びのポイント等、オーナーの視点から書いてるブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
プロフィール
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM


   
セカンドカー買い替え。

今月、

 

新たなセカンドカーが納車されることになりました!

 

 

そんなわけで!?

 

 

ゴルフRを購入した時と同様、

 

 

このブログは、またしばらく 更新休止 致します(^^;)

 

続きを読む >>
今年も 軽 最速 4強 は変わらずか

今年も、もう10月

残り僅かですね。

 

そして、ここ10年ほど変わらない、

 

最強 軽自動車 4車種ですが、

 

今年も変わらずに終ってしまいそうですね。

 

 

1.ダイハツ 旧型コペン

テイクオフ 旧コペン

 

 

軽自動車ベースのチューニングカーで、最速4車種のうちの一台、旧型コペン

 

すでにレースカー(兼ストリートチューニングカー)のトップクラスは、200ps超にもなり、普通車2リッターターボクラスのチューニングカーとも互角に走れるほどの戦闘力があります。

 

セントラルサーキット

 

 

も。ファク スーパーコペン

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

2.スズキ 旧型アルトワークスRS-Z

最強 軽自動車の中で唯一サーキット以外のあらゆるステージ(路面状況)でも速い車種。

それがこの旧型アルトワークスです。

 

また、コペンやカプチーノとは違い、ボアアップや車幅拡大に頼らない、軽規格サイズ限定では、無敵 を誇る軽自動車。

 

ちなみに上動画のボアアップ車幅拡大200馬力スーパーコペンと、同じラップタイムを660ccノーマルボディのままで出せるほど速いのが、下動画の旧型アルトワークス。

 

サーキットでの速さ(セントラルサーキット)

 

 

雪道での速さ

 

アルトワークス 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

 

 

3.スズキ カプチーノ

最近は、ちょっと旧コペンにおされ気味??感のあるカプチーノですが(^^;)

まだコペンに抜かれていない、ベストラップ、レコードが記録されているサーキットが多数あるなど、まだまだ軽 最強の一角を占める車種です。

 

筑波サーキット2000

 

カプチーノ 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

 

 

4.ホンダ トゥディターボ

ホンダ 軽自動車史上最強のクルマ、トゥディターボ

コストダウンだらけで全然ダメな現行エンジンとは違い、F1全盛期に開発された、ホンダ軽自動車用では、最高のエンジンを搭載。

 

残念ながら現行のS660を、どんなにチューニングしても、このトゥディを超えることは不可能です。

エンジンのキャパシティに雲泥の差がありますからね。

このトゥディターボではなく、NAチューン仕様のトゥディでさえ、フルチューンのS660よりずっと速いのですから(笑)

 

岡山国際サーキット

 

 

 

 

 

そして現在、上記の軽 最強4車種に、現行の軽自動車の中で最も近い位置にいるのが、このコペンローブになりますね。

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

2017年 9月 スパ西浦 アルトワークス、S660に圧勝。

軽自動車ベースのチューニングカーでは、

2017年 秋 現在 でもトップクラスの 旧型 コペン

 

59秒台

 

 

 

そして、同じく現行 軽自動車では、最速のコペンローブ。

2017年1月の時点で、早くもすでに1分01秒台

 

コペンローブは、もう約3年、現行 軽自動車 最強を維持していますね。

ダイハツ KF-VETエンジンの潜在能力の高さはかなり意外でした。

 

 

コペン専門店 も。ファク

http://www.mo-fac.com/

 

 

コペン 中古車 検索結果を見る

 

 

 

 

 

そして、ミッドシップ本格的??スポーツカーなのに?

 

何故か??  

 

FF車 に勝てない S660

2017年6月の時点になっても、まだ1分04秒台。

 

やっぱり残念ながらまだまだ 遅い ですね。

 

 

 

ちなみに、ハイトワゴン現行アルトワークスですが・・・

 

なーんと! 

 

もう!S660と同じ1分04秒台を出してしまいました。

車幅より車高が高いハイトワゴンに該当するのに、ミッドシップスポーツカーと同等とは!凄い(;^_^A

 

今回のスパ西浦のレースでは、先日の筑波サーキット2000のレースと同様、またしても現行アルトワークスS660を上回り、破ってしまいました。

 

 

現行アルトワークス、S660との タービン交換車同士では、

アルトワークスがS660を10周で  約12秒 も引き離し、 圧勝しています。

 

 

KCテクニカ

http://www.kc-technica.com/top.html

 

 

アルトワークス 中古車 検索結果を見る

 

 

 

           速い ------------ 遅い

FF スポーツカー FF ハイトワゴン  ミッドシップ”本格的?”スポーツカー

 

 

世界的に見ても、かなり珍しい事例です。

サーキット走行においては、一番有利なミッドシップスポーツカーが、FFスポーツとFFハイトワゴンより 遅い なんて。

 

それにしても、3年近くも経っているのに、未だにコペンローブを超えることが出来ないばかりか、半年以上も後に発売された、ハイトワゴンの現行アルトワークスにも、速さで追い抜かれてしまうようでは、S660のミッドシップはまったく意味が無いですね。

本来は優れた走行性能、動力性能を得るためのミッドシップのはずですが、S660のそれはFF車に歯が立たない、敵わない。

 

走行性能、動力性能に貢献しない、ほとんどプラスにならないミッドシップに、いったい何の意味があるのでしょうか??

 

ちなみに昨シーズンからS660は、ほとんどの全てのレースで 現行アルトワークスに負けています。

半年も後に発売された、現行アルトワークスに ”チューニング後の性能でも” 劣っているというのは、はっきり言って非常になさけない

 

 

ミッドシップの本格的スポーツカーが 一番遅い なんてダメでしょ。 ホンダさん。

 

 

FF車より遅いんでは、

 

ミッドシップにした意味すら無いんですよ。

 

ホンダさん。

 

 

 

 

 

おまけ映像

しかし、HKSタービン付けてからまだ1年も経ってないのにタービンブローって(^^;)・・・

 

早くない? 壊れるの。

 

 

上記、S660破損したタービンの現物がこちら。(上動画のS660から取り外したもの)

 

 

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

 

ホンダ S07B エンジン

ついに出ましたね!

 

新型N-BOX

 

 

やはり要注目は新設計S07B エンジン

 

S07B NAエンジン

 

一見、型式名の末尾がBに変わっただけのように見えますが、ボアXストローク共に異なるので、同系列のエンジンではなく、S07Aとは全く違う新しいエンジンです。

 

続きを読む >>
アジアンタイヤ・・・

ちょっとネットで恐ろしいものを見つけてしまいました。

 

 

交換してまだ2ヶ月ほどのタイヤの画像ですが。

トレッドが剥がれてきてます。

 

続きを読む >>
軽自動車の雑学 | 21:31 | - | - | - |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.